修正が必要になってきた。いきなり?

一、二戦を終え、連敗。まだまだ始まったばかりとはいえ、当初考えていたようには進まなかったことに対して、チーム首脳陣や選手たちも戸惑っていることだろう。修正の必要性を感じているのではないか。
まず、思ったよりも得点できなかったこと。
第一戦では、FWは阿部、マグノ、松橋を使った。終了間際のマグノのヘッドの1点で終わった。
第二戦では、高松、マグノ、阿部を使った。前半終了間際のマグノの個人技のミドルシュートの1点で終わった。
今シーズン、FWを3枚並べて、2点以上の得点を狙ったはずだが、ヴェルディーには、中盤でつぶされ、新潟では、最終ラインでがっちり守られて得点に繋がらなかった。
つまり、得点パターンを多く持ってはいるが、決められない。つぶされる。最後は個人技に優れたマグノ頼みになっていることがわかる。
守りでは、セットプレイの失点が2件。後は、3バックの未熟さとGKの緩慢プレイを突かれた失点だ。
ファンボ監督は、この3-4-3システムが大分に一番合っていると思っているようだが、果たして本当にそうなのか。ベルガー前監督が持ってきた4-3-3のコンパクトサッカーの変形で、DFを3つにしたことで穴が広がった気がするのだが。
まず、攻撃陣を機能させるためには、サイドを使った攻めと、壁パスを使ったスピードで抜く攻めが有効だと思う。松橋をうまく使えば打開できるはず(彼は長い距離でも加速できる。タイミングが合えば簡単に裏に出られるだろう)。高松とドドは重なる。片方だけでいい。
守備では、守備的なボランチが必要。瀬戸みたいに守備重視のMFが必要だ。抜かれた後に空いた穴をカバーできる頭と走力が必要。それができるのは今のメンバーでは吉村かな。ムラがあるけど。
GKの高嵜は、今のが実力。これ以上悪くもならないし、良くもならない。毎試合1点~2点は覚悟しなければならない。他のGKを使ってみるのもいいかもしれない。気分転換というか、周りが心配で守備的になるのでカバーに入り、結果的にいいかもしれない。実力的には50歩百歩のような気がするが。GKコーチの腕の見せどころか。
システム自体が攻撃的なので、もっと守備的な動きでバランスをとってもいいのではないか。ただ浅くラインを保っていてもいつかは破られる。それが致命傷となる。中盤でプレスを掛けてもかわされる。それなら最終ラインで食い止めればよい。
「想定内」であれば対応できる。そこまで考えてプレイすれば随分違ってくると思うんだけどね。
[PR]
by worsyu | 2005-03-16 11:22 | サッカー | Comments(0)
<< 阿部とマグノで爆発だあ!! 新潟のカウンターサッカーにやられる >>