GKはエゴイストでいい

栃木戦について。
後半の映像を見た。
やる気無い。覇気が無い。疲れているのか?
単純なカウンターに何度もやられる。
栃木は何もしなくていい。裏に球を出せば、大分は追いつけないから。
これはサッカーじゃない。ただのダッシュの練習だ。

こういう試合を見せられたら、今やっているサッカーに対する疑問が湧いてくるだろう。たまたま、運が悪かったのだろうか?しかも、攻撃陣は何度も決定機を外す。どんどん前がかりになる。なぜ、はずすのか?
それは、栃木側は攻撃陣に人数をかけなくても点が取れるからだ。だから、きっちりとしたブロックを作って、スペースを詰めればいい。そこを攻撃されても崩されない。
高木を狙えばいい・・・

DFはラインを高く上げるのはいいが、背後のケアをしなくてはならない。それを補完するためには、前線、中盤からプレスをかけ続けてほしい。しかし、攻撃一辺倒になると、それがなくなる。畢竟、DFのみの力で跳ね返せ、となる。

私は、数年前からずっと言い続けていることがある。若くて優秀なCBの育成を早急にして欲しいということだ。

ラインを高く上げて、「来るなら来い。スピードなら絶対負けない。」というくらいのCBが必要だ。それが今のシステムに合ったCB像だろう。それができなければ、ラインを上げ過ぎることはリスクが大きすぎる。
もしくは、SBの一人をマンマークで付かせればいい。それだけで防げたはずだ。私ならそうする。

1列目と2列目が交互に前線で攻撃を入れ替えてやればいいこと。必要以上に最終ラインを上げる必要はない。どうしてもそれをやりたいのなら、裏を狙う相手FWにマンマークで一人付かせればいい。それだけで相手の攻撃を防げる。攻撃の枚数を1枚守備に回すことになるが、それで相手の攻撃がとりあえず手詰まる。相手もブロックを崩して点を取りに来る。逃げ切る時間になればそれもなくなるが・・・・そこからどうするかだ。何もせずに手をこまねいていたから、こういう結果になった。
本当に糞のような試合だ。
何度でも言う。高木と競争して勝てば点が入るんだから。狙わないはずがない。相手に弱点をさらけ出して、無防備で攻撃する。それじゃあ勝てないよ。得意の玉砕戦法だ。

負けてもいいから、点を取ろう。その1点すら上げられず、逆に3失点。これでは、戦略ミスと言われて仕方が無い。状況に応じた布陣が必要だし、そうした指示をベンチが出すのなら、ベンチの責任は大きい。できなければ、選手に任せた方がいい。

戦犯は・・・・
1)効果的な戦術を見いだせなかった田坂監督。
2)高木。気持ちで負けている。
3)安川がカバーできていない。

戦犯ではないがGKの武田について。あの状況で3失点は仕方がないかもしれない。しかし、もっと前向きな態度で臨んでもらいたい。

武田はあれだけのセンスや才能を持ちながら、伸びきれない意味が今回わかった気がする。
ひたむきに、がむしゃらに球を追って、飛び込んで欲しい。GKに格好よさは必要ない。

武田よ、ぶざまであろうと、情けない姿であろうと、守るということは、その任にあるというだけで、尊敬されるポジションなのだ。
夢に見るのは、いつも悪夢だろう。夢の中では、思うように身体が動かないだろう。
私も、GKの夢を見た時がある。悔しさで目が覚めた。こんな夢を何度も見なければならないなんて残酷である。
しかし、それも楽しんで、苦労を快楽に変える力を持てば、メンタルが強くなる。もっと強くなれる。ポジティブ思考、楽天主義でないとGKはやっていられない。

神と呼ばれるポジションはGKだけである。
大分の守護神は武田である。大分トリニータにとってGKは特別である。
もっと、声を出して欲しい。阪田や高木に気兼ねなんかしないで欲しい。自分の色をもっと出していい。ゴールマウスを守るということに関しては、もっとエゴイストでいい。
[PR]
by worsyu | 2014-06-18 10:09 | サッカー | Comments(0)
<< 白蓮と福岡の確執 化けの皮が剥がれた >>