嘉納伝助を山笠にどう?

「花子とアン」で嘉納伝助役を演じている吉田鋼太郎が見事だ。

筑豊弁もうまい。
地の人が聞けば少し違うのだろうが。我々大分の人間からすると、ぴったり、はまっている。

原作者なのか、脚本家がそうなのか、それともプロデューサーの指示なのかわからないが、「花子とアン」では、白蓮と宮崎はそれほど美化されていない。

伊藤伝右衛門-嘉納伝助もそれほど悪意的に描かれていない。却ってすがすがしい。知性を感じる。
伊藤伝右衛門の再評価につながることは間違いないだろう。

私が市長だったら、吉田鋼太郎氏を博多祇園山笠の追い山に乗せたいね。
嘉納伝助として、その場に居てくれたら、盛り上がるだろうね。
(もし、これが実現したら、私も福岡に貢献したことになるだろうね。)
それくらいの度量とユーモアとセンスがあれば、福岡人を見直すけどね。

可能性は無くもない。市長の高島氏は大分県出身だからである。

山笠には間に合わないにしても、何らかの形で吉田氏を招待し、イベントを作って欲しいね。

ちなみに、彼も離婚歴があるらしい・・・・・どおりで、かれの演技には伊藤に対する愛が感じられる。
[PR]
by worsyu | 2014-06-27 09:32 | 芸能ネタ | Comments(0)
<< セクハラ撲滅へ 守備軽視は三流 >>