「ほっ」と。キャンペーン

阿部とマグノで爆発だあ!!

オランダのフェイエノールトで活躍する小野伸二。W杯アジア最終予選のイラン戦への招集に対し、同クラブは、拒否しているという。
昨年末に左足首を手術したが、まだ完全に回復したわけではなく、酷使することは、本人、クラブ双方にとって有益ではないと判断した模様。
小野はオランダサッカーにフィットしているし、大いに活躍している。憎たらしいほど冷静に球を扱い、さばき、前線に活きた球を供給している。また、FKの精度も素晴らしいし、チームにとって、欠かせない存在になっている。
彼が他のリーグでも同様の活躍ができるかというと、少し疑問である。それだけ、オランダサッカーは特殊な存在であると思われる。コンパクトでモダン。泥臭くない。プロレスの団体によってプロレスが違うように、申し合わせたようにシュートを打ち合う。面白いといえば面白い。20本は打っているのではないだろうか。
さて、プレスがきついガチンコサッカーが主流のJリーグにおいて、大分のサッカーは去年、このオランダサッカーを導入して、かすかな風を起こした。そして、今年、その発展的継承として、ファンボ監督が就任したわけだが、彼は韓国サッカー出身だけに、スピードと激しいプレイを求めるだろう。カウンターサッカーの新潟での敗戦で目が覚めて、そちらに傾倒するかもしれない。
ナビスコ杯のジェフ戦では、個人的には柴小屋を見てみたい。それと、ファンボ監督の修正した点を見てみたいね。ジェフは走るよ。どんどん走りまくる。4・2浦和決戦を占う意味でも注目だ。
阿部は使われ続けるだろうね。彼のハートの強さとプレイは監督好みだし、大分にとってもいい影響を与えるだろう。マグノと2トップで、高松かドドを組ませればいいんじゃないかな。あまりこの3人がくっつきすぎると連携が上手くいかないだろうけど。もっとシンプルでいいんじゃないかな。
余裕が欲しいね。プレイがいっぱいいっぱい。次の状況を考えていないと対応が遅れるよね。小野のような中盤で試合を作れる選手がいない以上、苦しいなあ。マグノ、阿部頼みか。
[PR]
by worsyu | 2005-03-18 01:08 | サッカー | Comments(0)
<< まあ、しょうがないじゃん 修正が必要になってきた。いきなり? >>