復活の兆し?

栃木戦について。

すごい。てへぇ~強い。

まずは、前半退場したキム・ジョンヒョンについて。全く、わかっちゃいない。日本のサッカーがわかっちゃいないし、大分が目指す清く正しく美しいサッカー(自分が勝手に言っていること)にも合っていない。
1枚目のイエローも危険なプレイ。2枚目も悪意はそんなにないと思うが、そこまでやらなくてもいいプレイ。審判は流せなかったみたいだ。

主審の小屋さんのあの試合前の不自然な笑顔をしているところから、信用できなかったが・・・協会からのマニュアルがあるのか、日本人の審判は皆、一様に笑顔である。気持ち悪い。心が無い。笑顔が出るということは普通楽しいからだろう。しかし、実際の審判は過酷であるし、体力も精神力も使う。
理解できない。

この退場がなかったら、2-0か3-1の試合になったかもしれない。そう思ってもおかしくない内容だった。そういった意味でも、勝てたからいいという問題ではない。大分に対するイメージを又悪化させたこともあり、彼の罪は大きい。
はっきりいって、いらない。

失点の場面は、寄せが相変わらず緩い。中で待っている岡根に、はいどうぞのクロス。
一人少ないのだから、1点は仕方ないところか・・これまでだったら、ここで終わりだった。遮二無二前に出ていき、逆にカウンターでラインの裏を取られ失点を重ねるというパターンだ。
それが、今回は・・・

何のことはない、ボランチを1枚にして、トップを2枚にする。中盤の枚数を減らし、トップのFWの力で打開するという守備を無視せず、シンプルな攻撃の形にしたことで安定した戦いの形ができたのだ。

追いついた林のアウトで後方にコースを変えるシュートはおしゃれであった。まあ、あれが彼の得意技なんだろう。そこに上げた為田も良い。

そして、栃木がショックを引きずったまま、逆転弾が決まる。
伊藤が裏へ上げた球の処理を栃木のDFがトラップミス。そこに詰めていたラドンチッチがかっさらい、左足で右隅にシュート。

ラドンチッチは前線で溜めができるし、アシストもできる。193センチの長身ながら、足の技術も確か。バランスがいい。J2で彼を止めるには2人がかりでやらなければ無理だろう。

林とのコンビもなかなかうまくやっていた。

これなら、ボランチを縦に並べて、攻撃的ボランチの伊藤、木村と守備的ボランチ=アンカーとして誰か置ける。そうすれば、裏を取られても、それに対応できる。高木も安心して使える。

忘れてならないのは、MVPの武田だ。見せてくれた。やっぱり、武田だよ。本物の大分のGKになった瞬間を見た想いがした。大分の守護神として建った瞬間だった。

とりあえず、これで磐田戦でシャムスカに勝てる可能性が出てきた。シャムスカは昔のシャムスカではない。今はただの「久米宏」にしか見えない。オーラが全く無くなった。

仮に、このまま好成績が続けば、昇格レースに参戦できるだろう。さらに、3位で再び昇格するためには、やはり、3位以上で終わって欲しい。

そして、仮に来年、J1で試合ができることになるとしよう。
たとえ、ラドンチッチが抜けてもそこに第2のラドンチッチをはめ込めば機能するだけのチームの形を作り上げれば、J1に定着できる。

ラドンチッチと大分トリニータとの相性が合ったことが大きい。
あのキャラは確かに大分に向いている。
大分で大きな仕事を成し遂げようぜ!!
サポートできる喜びを感じられた試合だった。
[PR]
by worsyu | 2014-08-01 10:26 | サッカー | Comments(0)
<< 相変わらずダメダメDF ウリナラマンセー >>