「ほっ」と。キャンペーン

自爆寸前で持ちこたえた

京都戦。

ひどい解説(上田)とひどい実況(小澤)で笑ってしまった。試合後の後藤に対するインタビューでは手のひら返しで、おべっか使いまくり。試合中では京都びいきがひどかった。

一番笑えたのが、京都の攻撃のたびに、「ボディーブローのように相手に利いている」というくだりだった。

まあ、こんな奴らのことはどうでもいいのだが・・・・

試合の方は、ラドンチッチが家庭の事情で帰国しているそうで、風間、林の2トップ、右DFは相変わらず松本怜、ボランチは伊藤と組むのは為田。なんとも攻撃重視の布陣というか、守備に不安のある布陣でスタート。

先制点は大分。松本怜のクロスを上がっていた安川が中にインサイドで上手く落とし、木島がスルー気味で風間が左インサイドできれいにゴール。球を浮かせず、見事な崩し。

これで前半を終了。何とか0点で凌いだものの、ちらほらと不安な穴が見え隠れ。若狭が怖い。
多くのトリサポは後半2点取られて2-1になることはある程度織り込み済みか・・・。
田坂監督の「守備はパーフェクト」というコメントに笑ってしまった。お前の眼は節穴か!

後半始まって、2点失点。最初は、若狭が石田に詰め寄らず、スペースを与え続けて、ずるずる下がり、シュートを許す。そのシュートに高木が膝でコースを変えてゴール。若狭も若狭だが、高木も高木だ。なぜ、あそこで身体が横を向いているのか?あの不器用でも誠実な阪田だったら、身体を正面に向けて当たってくれただろう。逃げている。DFとしてあり得ない対応。というか、反応鈍すぎ。

2点目。これは若狭と武田の「何考えてんの」ミス。こんなつまらんミスやって。練習でミニゲームやりすぎて、感覚が鈍っているのか?

このまま終わるわけがない。後藤、高松が入って、押しこむ場面が続く。高松のポストプレイに後藤がファインゴール。(だから言っただろう、後藤は後半使えって。その通りじゃないか。高松、後藤のコンビの連携は見事だった。)大分の2点は見事な崩しによるきれいなゴール。失点は、DFのミスがらみ。(守備固め要員に使えないところが大分の弱さかも・・・)

上位陣を見ても明らかな様に、DFが糞なところはいない。

京都は攻撃は機能しなかったが、DFは整備され、機能していた。失点したのは、大分の攻撃の質が高かったからだ。そういう意味では、大分よりも上位にいるのは納得できる。(大分の-7というのは異常なのだよ。緊急事態に近い。しかし、ここまできてしまった。後はトーナメントで勝てばよい。来季は、CBの整備を頼みます。もうこれ4年ぐらい言い続けているが・・・・・)

湘南も松本も守備はまともだ。上位陣で守備に不安を感じるのは、磐田、岡山だろうか。特に岡山は今のままだと沈んでいくだろう。

大分はラドンチッチが入ってからは、攻撃力が増し、守備に注力してもバランスが取れるようになった。今回のような試合では、現状維持がせいぜいだろうが、ラドンチッチが帰ってくれば、昇格レースに入ることができるだろう。

それにしても、ひどいDF陣である。3-0の試合を2-2にしてしまうんだから。
[PR]
by worsyu | 2014-08-18 11:09 | サッカー | Comments(0)
<< トップリーグ開幕戦 日本とトリニータ >>