シャムスカ解任の報に接し

私ごとで何かと忙しかったので、ここへの書き込みも無いまま、随分放置してしまいました。
山口俊のまま、というのもちょっと情けないので。
ただ、あまり、書きたい、という衝動を受けなかったというのもあるのだが・・・

シャムスカが解任された。よそ事ではあるが、ちょっと悲しいね。再会するのを楽しみにしていたトリサポはいっぱい居たと思う。ジュビロ戦は、勝敗は別にして、英雄の帰還を一目見ようと集まっていただろうに。その願いも消えたね。

ジュビロがおかしくなっていたのは感じていた。私が、指摘していたのは、GKの質だった。磐田、岡山はちょっとGKに難ありと・・・それから、後半に入っての気力の無さも以前から気になっていた。年寄が多すぎ?

湘南が早くも昇格を決めた。優勝も時間の問題だ。しかし、このレース、優勝はあまり意味が無い。J1でどれだけ戦えるかだ。そして、その資格があるのは、2位まで。そして、残り1席をめぐって、3位~6位がトーナメントで奪い合うプレイオフがある。

磐田はショック療法で雰囲気を変えようとしているのだ。このプレッシャーに動かざるを得なかったのだ。新監督の名波は3位を維持できることはできるが、それまでだろう。本人もそれで十分だし、クラブもそれ以上は望んでいないだろう。(クラブ側は大分の影におびえたのかもしれないし、原点回帰で楽しいクラブ-身内で和気あいあい路線への転換を目指しているのかもしれないし・・・?)

北九州、岡山は、プレッシャーでプレイが固くなるだろう。少しずつ落ちていくと思われる。

大分と千葉は上がると思う。特に千葉は強敵だ。意識せざるを得ない。どちらが上位になっても、闘いたくない相手だ。磐田の方がまだいいとさえ言える。

大分は戦力の整備が進み、J1に対応できる布陣ができつつある。ただ、守備の部分で不安があったし、仮にもし、昇格できたとしても、センターラインの核となる選手の補強が必要であろう。外国人選手もどこまで当てにできるかわからない。ラドンチッチはどこか信用できない部分がある。チームとしての成熟度に欠ける部分もある。勝ち方、試合の納め方が未熟。
今年のチームは勢いが無い。熱さが無い。ミラクルを起こしそうな雰囲気は無い。でも、だからこそ、力で上がって欲しいと思うね。

北九州や岡山の人から見たら、何をほざいているのか?と言われそうだが、問題は千葉であり、磐田なのだ。そして、千葉の影におびえていることは確かなこと。それは、おそらく、千葉にしても同じだろう。大分の影が厭で厭でたまらないだろう。

以前、私は、千葉は今後、大分が苦手になるだろうと言った。それだけ、精神的な戦いの部分で、千葉と大分の関係は逆転したのだ。
ただし、いずれにしても勝負は紙一重。再び、千葉と昇格をめぐり対戦することは十分覚悟しているし、そうなるような気もする。

まあ、ほざいているね。6位のくせに。


それにしてもシャムスカに逢いたかったなあ・・・・・・まあ、「ただの久米宏」になってしまったわけだが。あの頃は一番輝いていたねえ。いっしょに時を過ごせてよかったねえ。

帰国前に大分に寄ってくれたら、大歓迎するんだけどね・・・・!!
[PR]
by worsyu | 2014-09-26 12:50 | サッカー | Comments(0)
<< そろそろ痩せよう 山口俊-覚醒 >>