終戦

終わったな。
今まで夢を見させてもらってありがとう、ということか。

失点の場面の分析は、もう一度見ないと何とも言えない。
メンタル弱すぎだろう。こういう時はベテランが落ち着かせてやらないと。

サイドの選手の西と安川がいなかったのが、結局、穴となって埋められなかったたわけだ。
だったら、中央を人数を掛けて守るとか、やり方はある。リードしているんだから、終わらせ方をしっかりやればよかったのだか。未熟である。

今シーズンを象徴するような戦いぶりだった。勝つために何をすればいいかがわかっていない。攻撃の形や、球の流し方が上手くなっただけ。勝つことは二の次。できたら勝ちたい程度か。
高松なんかは、外から見ていてわかっていたはずだ。危ないって。

今日の試合は、GKの強さの試合でもあると思っていた。磐田、千葉、それぞれに問題のあるGKだった。それなら、大分の武田の方が上じゃないか?ダニエルさんが入ってCBも安定した。高木のチョンボもカバーしてくれる。
しかし、結局、その急造のCBに頼り過ぎて、穴をカバーしようとしなくなった。カバーの意識が無くなれば、いつかは穴が開く。そして、それがロスタイムに起きたわけだ。
武田は安定している。あまり、ポカをやらない。しかし、スーパーではない。今回3失点中、一つでも防ぎきれなかったか。ここを一つでもGKの読みで防いでいたら成長するんだけどなあ。

守備の意識が希薄すぎる。三流チームにありがちなルーズさがある。この建て直しは、守備の構築ができる人でないと・・・・・・緻密な守備の構築と練習をやれる人がいないものか・・・・
シャムスカ・・・・・じゃなくてもいいけど、誰か居ないものか。新しい監督を呼ぶほど余裕は無いか・・・・?

まだ、終わったわけではないと言うが、私の中ではもう終わった。水戸戦に勝つことは、J1への切符の一歩めだった。「資格があるよ」と言われる試合だった。その試合に負けたわけわけだから、「J1の資格無し」と言われたわけだ。

若手を育成して、やがて、みんな旅立って、また1からやり直し。こんなクラブじゃいつまでたってもJ2止まり。それでいいのなら、田坂で十分じゃないか。下手に大金使って外人選手を持ってきても、費用対効果ではマイナスだろう。ましてや、元日本代表選手なんかいらないし。

J1が益々遠くに見えてきた。それでも、千葉にしても、磐田にしても、J1に行けるチームだとはとても思えない。しかし、大分が消えたことで、磐田と千葉の決戦は、磐田が逃げ切れるかどうかの試合になると思う。

もし、万が一、チャンスを貰えたら、今度はしっかり戦って欲しい。守りはやることをやれば防げる。今のところやっていない。やる気がないのか?やらないのか?やる必要が無いと思っているのかのどれかだと思うが。
それじゃあ、だめなんだよ。
もちろん、勝たなければ上には行けないわけで・・・・・
「修羅場上等」を掲げて、勝ち進むしかない!!
[PR]
by worsyu | 2014-11-10 10:36 | 芸能ネタ | Comments(0)
<< シャムスカという夢 西村の笛 >>