「ほっ」と。キャンペーン

J1昇格プレーオフ準決勝

山形が磐田に勝ちました。
これはどんでん返し、奇跡なのでしょうか?

私は、以前、磐田恐れるに足らず、と言いました。何度も磐田の問題点を指摘しました。(特にGK。今回はそのGKの差も出ました。)
特に、トーナメント、一発勝負ですからね。

磐田有利のまま試合が進み、最後の最後。ここで逃げ切れるかと思って、弱気になった瞬間、手のひらから幸運が逃れてしまいました。

山形にそこまで必死にJ2に上がろうという気持ちがあったのでしょうか?私はそこまでの物ではなかったと思います。
むしろ、磐田が墓穴を掘った観がある。
勝手に自滅したのです。

守るということを軽く見ていたからこういうことになる。
逃げ切るということの難しさがわかっていない。
これは監督の差でしょう。
だから、名波じゃ無理だと言ったんです。

それは、クラブもそうだし、磐田サポもどこかで、許す気持ちがあったからでしょう。
選手は微妙な空気を感じ取ってプレイしています。

さて、それでは、千葉との戦いで、山形は勝てるでしょうか?
それは難しいでしょう。
千葉は大分が脱落したことでほとんどプレッシャーから解放されました。
そして、磐田も脱落しました。
油断するほど、千葉に余裕はありません。
連続して昇格に失敗しているからです。
同じ轍を踏むほどばかではないでしょう。
ポイントを外さなければ、必ず勝利できます。

千葉は死に物狂いで点を取りにくるし、必死になって守るでしょう。
精神的に優位に立ち、しかも、全力で戦ってきます。
3-0くらいの大差で勝つかもしれません。

しかし、昇格できたからと言って、千葉は戦力を補強しないと降格争いに巻き込まれるでしょう。
やはり、DF力が弱いです。ここを補強しないと・・・・
ボランチも不安定。
穴だらけです。
FWの得点力も足りない。外人FWの補強は絶対ですね。

もともと資金力はあるので、しっかりと補強すれば生まれ変わったチームになるでしょう。

もし、山形に勝機があるとしたら、審判の誤審くらいしか無いでしょう。
それで、千葉が浮足立ったら、修復できなくなる。

それくらいでしょうね。

でも、今の千葉はそんな軟じゃない。
[PR]
by worsyu | 2014-12-01 17:09 | サッカー | Comments(0)
<< 驚き桃の木 負けない気持ち >>