まだ見えてこない

スカパー・ニューイヤーカップ福岡戦。0-1。

岡本がPK外して、試合の流れは福岡へ。

ダニエルが居る間は何とかしのいでいたが・・・

後半替わったキムがひどすぎ。
動きが遅いから、球をキープできない。
反応が遅いから、抜かれる。止めるために反則。
しかも無駄な独りよがりの反則。そこから失点。

若狭は相変わらず甘い。しかも、小さいところで相手に嫌がらせをする。
館内ブーイング。そりゃそうだろう。

後半はまるでやる気なし。
というか、動きが止まった上に、負けの流れの中なので、攻撃が繋がらないし、守りもクリアするだけ。
消極的。

浦和とは全く違う。浦和はGKがゴールラインを割らせず、そこから攻撃が始まる。無駄な時間を作らない。
攻撃のリズムを継続させる。考え方が違うからだろうか。

攻撃と守備は表裏一体。攻撃につなげるための守備をやらないと、攻撃にリズムは生まれない。だから、トリニータの攻撃には連動が無い。ぶつ切りだ。タッチを切ってもそこから流れをつなごうとする気持ちが無い。だから、攻撃が切れる切れる。これじゃあパスを後ろで廻していても攻撃のリズムとはならない。


DFでは新人の鈴木が安定しているので使えそう。若狭よりは安定している。

エヴァンドロ、アルメイダと点取り屋が入ったので、そこに繋がる関係が構築できれば、後は守備固めとなる。

ダニエルが潰れたらそれでおしまいだ。

DF陣のレベルが低い。失点を少なくするためには、ダニエルをCBにするのか、ボランチにするのかで全然違う。ましてや、欠場となれば、ほとんど崩壊に近い状態になる。

新人の鈴木や福森に期待する部分は大きい。又、山口にも期待したい。この3人の内、1人は確実にレギュラーに入って欲しい。

DFの構築を早急に!!

誰か教えてやってくれ!!臨時コーチ急募!!
[PR]
by worsyu | 2015-02-10 11:12 | サッカー | Comments(0)
<< 堀悌吉-傑出した海軍人 トリニータ20周年記念誌 >>