10億円足りない

Jリーグの平均チーム運営費が約28億円と言われる。大分トリニータは、18億円ぐらい。
去年、入場者数が5位の1試合平均2万2千人だった。入場料収入が4億円と言われる。
比べると悪いが、新潟は、1試合平均3万7千人。年間シート2万2,000枚は早々に完売した。年間の入場料収入が12億円。その内の7億円をこの時点で達成している。うらやましい限りだ。
でも、あの胸には、「亀田製菓」の情けなく、見苦しいスポンサー名が入る。嫌だねえ。
大分は、最近、経営支援を広く県民に求める動きが見え始めた。どこまで集まるのだろうか。1億円も集まるだろうか。企業を加えても3億円ぐらいだろうか。それでも、18億円集まらないと経営が立ち行かないのだから、最後の手段の県からの援助なしなら、本当なら後10億円近くは必要だと思うよ。スポンサーが決まればもう少し減るだろうけど。
10万人で1万円?そんな皮算用したって無理だね。
このまま行くと、来年は、選手解雇の嵐が吹くかも。大幅な若返り。まあ、今年は金かき集めて何とか凌ごうよ。
[PR]
by worsyu | 2005-04-08 14:00 | サッカー | Comments(0)
<< 勝つだけの理由 レッズに勝った誇らしきユニフォ... >>