「ほっ」と。キャンペーン

球を繋ごう!前に進もう!!

あまり語りたくはないのだが。
ホームでのC大阪戦、アウェイでの清水戦は、今後の戦い方を見る上でとても重要である。
去年は、この2チームに勝ったから尚更なのだ。しかし、ここまでの戦い方を見てくると、まだ、レギュラーの固定ができていない。攻めも守りの形ができていない。不安定だ。下位チームとならある程度通用すると思われる攻撃力。それはお互い様で、相手チームも同じだろう。後はバランス。戦術の戦い。流れを引き寄せる上手さ。
接戦の中で勝ちを拾う精神力が欲しい。負けくせをつけないで欲しい。浦和、千葉戦で学んだものを見せて欲しい。
勝つために必要なもの-それは冷静な判断力と勇気と労を惜しまない勝利へのひたむきさだ。
その場しのぎの戦術でも勝利への道が見えればそこからチームがまとまってくる。選手同士が話し合っていくしか無い気がする。
成功体験への埋没はよくないが、そこから何かを見つけないとチームとしての前進はない。
意味のわからん、感情的な選手の個人批判はやめよう。読んでいて腹が立つ。
吉田批判は意味がわからん。彼のおかげでなんとか試合になっているではないか。数少ないキープできる選手なのに。彼はミスタートリニータ。大分の宝だ。浮木やサンドロみたいに放出なんてしたらおしまいだよ。

GK岡中
DF深谷、パトリック、三木
MF有村、吉村、梅田、根本、吉田
FWドド、マグノ

SUB江角、柴小屋、原田、松橋、高松
[PR]
by worsyu | 2005-04-12 18:31 | サッカー | Comments(0)
<< 最低の試合から何を学ぶか ゆすり、たかり、いちゃもんつけ... >>