「ほっ」と。キャンペーン

4バック○おばちゃんに啓蒙を

まずは、勝った。良かった。清水はどうやら苦手意識を持っているらしい。それから、4バックに戻した点は評価したい。上本のミスで失点になりかけた場面も、4バックだからこそ凌げた。上本が戻ってきてシュートコースを消した。ただ、相手が落ち着いて切り返していたら労せずして入れていただろうけど。助かった。
全体的に良く攻めの形ができていたと思う。マグノ、安部、吉田まで球が回っていた。しかも、ゴール前のパフォーマンスも相手を上回っていた。流れの中で1点欲しかったね。また、セットプレイでも1点入れると自信になるのだが、まあ、形ができていたし、流れが良くなった。

それから、ここでちょっと苦言を。このブログ見ている人であまり素人はいないと思うけど、おばちゃん連中といっしょになってバックパスで展開しようとすると非難する輩がいる。相手がラインを引いて守っていて、前線にパスの出しどころがなければバックに戻すのは当然のこと。廻しながら崩していくのはパスサッカーの基本中の基本である。
バスケットを見たことがある人なら理解できるだろう。おばちゃんの「何で下げるのを~」という言葉を聴くと。「少しはサッカー勉強しなさい」といいたくなる。おばちゃんの保護者はちゃんと指導して欲しい。恥をかくぞ。
大分のサッカー文化はまだまだだ。おばちゃんレベルで言えば福岡よりはサッカーを知ってる人が多いと思うけど。みんな、もっとサッカーを知ろうよ。そうすれば楽しみかたも広がるよ。お母さんが子供の運動会を見に来て応援しているような、そんな雰囲気が大分サポにはある。これではいけない。もっと、サッカーを知っている人は啓蒙に励んで欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-04-16 18:01 | サッカー | Comments(0)
<< エリートの狂気と危うさ 最低の試合から何を学ぶか >>