トリニータ伝説へ

2月23日現在シーズンパスの売れ行きが、目標6000席に対して5179席!!
何と!!達成率86%。ほぼ目標に達しそうだ。
信じられん。びっくり。何なんだ。あんたらあほか?こいつら何考えてるんだ?
J3に落っこちて、育成の2軍チームや、U-23なんかがいるステージにいくら金つぎ込もうというのか?
ディズニーランドよりはましか?ましだねえ。
トリニータ愛なんだなあ。わかる気がする。
泥まみれになったチーム。転げ落ちたダメダメチーム。
でもね、この熱さはすごいね。こんなサポどこにいる。泣けてくるよ。本当に。目が涙で滲む。


ゼロックス杯見て、あの審判の緩さは異常だな。
所詮、サッカーでしょ。勝負は二の次。そんな生っちょろい考えでやっているから、ああなる。勝とうが負けようがどうでもいいじゃん。そんな文化だから、ジャッジに対して批判が無い。
本当に真偽を確かめたいのなら、ラグビーでもアメフトでもやっているようにビデオ判定をするべき。
それをやらないのは、審判は絶対という権威づけと、右に倣えという事なかれ主義。そして、サッカーに対する愛情の薄さだろう。
協会自身がサッカーに対してそんなに興味が無いらしい。
少なくとも、大分は熱く、楽しみたいね。誤審があった場合は忘れない。問題の審判の名前が呼ばれたらブーイングだろう。
それは、サッカーを尊重しているからに他ならない。軽視しているのは協会の方だ。
サッカーが国民スポーツに成りえない理由は、権威よりも真実の方が正しいという、当たり前の事実を教育しないスポーツだからだ。相撲だって野球だってやっている。ローカルルールでビデオ判定してほしい。
勝つためなら何でもする。所詮、下層階級のスポーツであり、賭けごとのスポーツである。
でも、サッカーをやったことがある人は思うだろう。決して、それだけではない、と。そういう奴もいるが、そうでない奴も居る。だからジャッジを正当にやって欲しいのだ。


誰が何と言おうと、開幕戦は、トリニータブルーでドームが染まる。
九州にトリニータあり。
こんなすごいクラブ埋もれていいはずが無い。
成人式で市議会議長は熱く語ってくれた。


多くのトリサポはコアサポが今年どれだけ進化しているか、どれだけ我々の気持ちに添ってくれるかを期待している。
応援に感動と癒しを期待している。

LOVEトリニータ。無償の愛。

新しい歴史が動き始めた。ものすごい物語が生まれる。

語り継ぐ物語。まだ始まったばかりだ。











[PR]
by worsyu | 2016-02-23 14:50 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 美しいドーム 建国記念日に思ったこと >>