平常心で戦うことを学ぼう

明日は磐田戦である。勝てるでしょ。と言いたい。まっ、勝てるかもね。もしかしたら勝っちゃったりなんかして。くらいにしておこうか。
以前の磐田の強さは無い。上手さもどうかな。試合の流れを押さえていけば勝機は必ず来る。決めるか決めないかは、精神力もある。
たとえば相手が人気チームでスタジアムの雰囲気に飲まれたり、強豪であるというイメージを強く持ちすぎてプレイが萎縮したりしては、まともな勝負ができるわけがない。
「ジュビロだから負けても仕方ない」とか、「鹿島にはちょっと」とか、「市原にはちょっと歯がたたん」とか、「横浜はさすがに強い」とか初めから思い込んでいたら勝てるわけないよね。マグノ一人で試合をやっているわけではない。みんなで戦っているんだから、一人でも萎縮したり、判断ミスをするようでは、ゲームプランや戦術どころではない。
自信を持ってサポーター諸氏も戦いに臨んで欲しい。勝つために戦っているんだ。もし足りないところがあったら声を出していくことも必要だ。
サポーターは選手、監督、チームに対する温かい心があれば必ず道が開ける。
togetherそしてenjoy。
今年の磐田はゴール前のパフォーマンスが低い。FWの得点力が低いのだ。だから、MFが前がかりになる。セットプレイに注意。守備はGKに川口を擁するとはいえ、穴が見え隠れする。背がそれほど高くないので、ミドルで打っても面白い。慌てるだろう。前にすぐ出てくるのでそこを狙うのもいいんじゃないかな。2人がかりで。ゴール前のスペースに飛び込む吉田やマグノ、試合の展開次第では松橋を投入しても面白い。チェンジオブペースで抜いて決めて欲しいね。ゴン中山みたいなストライカーも苦手かも知れない。だとしたら西山も面白いかも。松橋よりも決定力はあるかな。
自信を持って、確実に点を取れる体勢まで持っていって決めよう。位負けする相手ではない。冷静になって流れを呼び込もう。ミスをしないように。カードが一番怖い。大丈夫だから。流れだけを気をつけて。
[PR]
by worsyu | 2005-05-14 18:29 | サッカー | Comments(0)
<< 不愉快だった 神の降臨。そして鹿島との決戦へ。 >>