不愉快だった

磐田のもったりしたパス回しは怖くなかった。ポイントさえ押さえていれば失点はなかった。パットの胸パスは、ちょっと緩慢。ついでに言うと有村のマークのズレもちょっとね。
2つの大きなミスでの2失点。パスに翻弄されながらも我慢してついて行けば必ず1点は取れるのだから、1-0か1-1で終わっていたはず。結果的に1-2で負けたとしても、もう少しやれたはず。(雨でピッチが悪かったので神経質になりすぎたかもしれない。雨対策は必要だね。)
名前負けの部分はあると思う。早くそうしたくだらないコンプレックスは意識の中から払拭してほしい。そういう意味では、深谷、途中から入った西野はそれを感じさせなかった。どんどんいけ。
「もう少しプレスを掛けて球を奪いに行って欲しかった」という監督のコメント。そう、戦う意識が少し欠けていたかな。相手を捕まえるラインがゴールエリア前では、ミスしたら即シュートになってしまう。ボランチの小森田、パットは、その5メートル前あたりでつぶして欲しかった。基本的にゾーンディフェンス。しかし、追い込んでパスカットできる状況を作らなければ。相手はスピードはない。しかし、取ってからいきなりFWでは空いたスペースがもったいない。MFがスペースに走りこみ、サイドに展開していけばもう少しチャンスメイクできたかな。有村、吉村の意味の無いフェードが醜かった。繋ごうよ。もう少し。
ドド、マグノのセンター突破で確かに1点入れたが、サイドにもう少し広がって攻めていって欲しかった。交替した松橋が1本スピードで抜いた良い攻めがあった。松橋が右で左に吉田で良かったのでは?西山は可もなく不可もなくだったが。後半から交替でよかったのでは?吉田の交代はちょっとね。いくら流れが悪かったとはいえ、松橋は右だろう。吉田が疲れていたとは言え、わからない。とにかく松橋を使って見たかったのだろうか?
桑原のあのいばった解説も嫌だったねえ。まるでレベルが違うみたいな。ちょっと違うんじゃないか?まあ、過去の人だね。例えて言えば津久見の故小嶋さんみたいな感じかな。
[PR]
by worsyu | 2005-05-16 11:21 | サッカー | Comments(0)
<< ゲームセンターCX 平常心で戦うことを学ぼう >>