「ほっ」と。キャンペーン

横浜戦で3万越えれば一歩前進

毎回、毎回、タダ券が配られる。
何とか3万人を突破してアピールしたいのだろう。スポンサー候補企業に対して。
それで本当に効果があるのだろうか?もう、ムラ起こしは終わったよ。税金つぎ込めないよ。

横浜Fマリノス戦では、一般、子供合わせて1万枚、割引券で8千枚ぐらい配るそうだ。ということは、コアサポ-年間シート組が7千~8千として、前売りが3千、当日券が2千、県外から1千としたら。そして、いつもは来ないS席連中が1千人ぐらい来たとしたら、合わせて3万2千人となる。
しかし、タダ券をばら撒いてもごみにしてしまう人がいるから(悲しい)せいぜい8千人、割引券はまず来ないから2千人となる。すると、合計2万5千人あたりだろうか。まあ、中断明けと人気チームということで割増すると2万8千人、ぐらい行くかな?
こんな体裁だけ繕って、実際に本当に見たくて来ている実人数は1万5千人プラス相手サポということになる。毎回2万人を越える観客を「動員」しているが、その実態はお寒い限りだ。
こんなんで黒字が出るわけが無い。
「1回見ればもういいや」という年配者が多いと思う。
「やっぱり野球をTVでのんびり見る方がいいや」という年配者もいるだろう。
20代はほとんど都会へ流出する中で中年のおじさんおばさんががんばっている。涙ぐましくもある。必死にクラブを支えようとしている。
それで楽しいのか?エンジョイできているのか?
ほとんどメジャーなメディアに取り上げられることのないチーム、選手。そして大分。
唯一、実力で勝ちあがることでわずかながら仕方なく取り上げられる。
ナビスコカップは賞金もそうだが、クラブの知名度を全国区にする意味で大切である。
トリニータは福岡と思っている人も多いと思う。

祭りは盛り上げることを辞めたとき終わりを迎える。楽しみのなくなった祭りなどは祭りではない。ムラ社会の共同体の単なる寄り合いだ。
横浜戦で3万越えたら、大分にプロサッカー文化が根付きつつあると認めようか。
[PR]
by worsyu | 2005-05-25 17:41 | サッカー | Comments(0)
<< Aコートのサテライト戦 世界の笑いものはどっちだ >>