「ほっ」と。キャンペーン

Aコートのサテライト戦

サテライト戦を観ていろいろ考えた。
観客がいっぱいいて嬉しかった。太鼓の音もなく、純粋にサッカーを観て楽しんでいる人たちがいた。広島に限らず、福岡、大阪、佐賀の人たちは、なぜサテライトにこんなに人が集まるのか驚くらしい。まあ、他に娯楽がないというのもあるし、特に大分市の人にとってはトリニータの選手は誇りであり、あこがれであり、つまりスターであり、「愛」がある。一目でも見たいという願望が強いということだろう。おまけに選手との距離も近く、ビッグアイとは違った楽しさがある。選手の息使いや体のぶつかる音、スパイクが球に触る音。音だけじゃない。選手の駆け上がるスピード。ヘッドで競り合う高さ。迫力が違う。
家族連れが多い。まあ、子供は置いといて、おじさん、おばさんもサッカーを実際にやってみたらどうだろう。簡単な球回しでもいいから、芝の上で蹴るのは楽しいよ。できる範囲でいいからサッカーの真似事みたいなことをやっていくと、もっともっとサッカーが楽しく、身近になるし、楽しみ方、見方が変わるし、サッカーへの興味の幅が広がるよ。
それにしても、芝のグラウンド欲しいね。河川敷や土のグラウンドはいっぱいあるけど、芝でサッカーやラグビーをさせてやりたいね。子供は特にね。いや大人もそうだ。芝でないとできないプレイがある。思いっきりスライディングできないもんね。

しかしまあ、あのメンバーで勝てないかなあ。チャンスメイクはできていたけどね。西野、西山は決定機があったのに決めきれなかった。
吉田はよくポイントになっていたね。高嵜は、上手いね。手近の球に強いね。もう4人とも差が無いね。相手によって使い分けてもいいのでは?と思ったね。

パットの家族が来ていた。ところで、オランダというと海抜が低くて山のない国。高低差がないことから、自転車の使用度がとてつもなく高い。どこへ行くにも自転車なのだ。路面電車や電車でも自転車持込が可能である。
大分、というか、JRもそんな車両作って欲しいなあ。緒方や宇佐なんかに行って自転車で散策したいよね。
ついでに言うと、ビッグアイも片道だけでいいから海外の空港なんかにあるような仕様で自転車も積み込めるようなバス持って来てくれないかなあ。そうすれば帰りはスイスイと気持ちよく行けるんだけど。車の渋滞も無くなり、駐車場を使うことも無く、全てが上手くいくんだけどなあ。
[PR]
by worsyu | 2005-05-30 12:33 | サッカー | Comments(0)
<< Jリーグの甘さ 横浜戦で3万越えれば一歩前進 >>