「ほっ」と。キャンペーン

西川のプレイにドキドキ

西川の勇姿にどきどきしながらワールドユース開幕戦の対オランダ戦を観た。
残念といえば残念。
開始早々からオランダのトップギアの攻撃。日本は対応するが、どこか恐る恐るの対応。おそらくセーフティーに行けという指示があったのだろう。(消極的という意味ではない。意味履き違えてない?)止められなかった。1対1の場面で負け、囲んで取るということはできていなかった。また、中盤でプレスが効かず相手の思うがままに展開されていた。ボールキープされていた。体をもっと強く入れていかないとだめだね。
日本やアジアの審判だったら取られるファールも当たり前のことだけどある程度流される。もっとアグレッシブに行って良かった。
本当にオランダ対策をしていたのだろうか。確かに上手いが、切り替えしの癖があって、わかっていたら獲れていたね。得点のシーンもVTRを見ていたら予測できていたのでは?
まあ、DFがあれだけ抜かれては西川はどうしようもないけどね。
DF弱いね、日本。
決定機が結構あったね。組立はよかったんじゃない?個人技で2点取られたけど、今度やる機会があったら、絶対負けないよね。そのためにもDF陣の建て直しが必要だね。
ところで、西川のキックがドンピシャで平山の頭に合う。すごいね。
平山は、存在感があったね。実際1点入れたし。あのヘッドはすごいね。足技も前よりも上手くなっていたし。
カレンもよく動いてチャンスメイクしたよね。
森本もストライカーとしての可能性を感じたね。もっと勝負してみてもよかったかな。時間が少なかったね。
[PR]
by worsyu | 2005-06-11 11:37 | サッカー | Comments(0)
<< 2千人以上集まったサテライト戦 「風のハルカ」でトリ宣伝を!! >>