新居浜キャンプのスナップに笑う

トリニータのオフィシャルフォトギャラりーを見ながら。
新居浜のキャンプの模様が見れてとても嬉しい。新居浜の子供たちと選手たちの交流の場面は微笑ましい。
夜のレセプションでの場面で、まず、選手たちの半袖のポロシャツが格好いい。売らないのかなあ。欲しいなあ。
高松、柴小屋、吉田。みんな格好いいなあ。
高松の椅子ごと真後ろにひっくり返るという大ボケ。見たかったなあ。爆笑ものだね。いつまでたってもぼけ役だなあ。
阿部ちゃんはやっぱり地元のヒーローなんだね。良い凱旋ができたんじゃないかな。大分に来て良かったね。
新居浜市長はよろこんでいるようだったが、実際、市民の人たちはどうなんだろうね。地元チームとの練習試合に、ぜひ、足を運んでもらって、できたらトリニータのファンになってくれたら嬉しいな。
愛媛は豊後水道をはさんで、近くはあるけど遠い存在。橋を掛けようなどというとんでもない話がバブルの時に持ち上がったが、それはそれとして。サッカーの交流ができたらそれはそれで素晴らしいことだよね。トリニータの応援に愛媛から来てくれる人がいるという話も聞く。ありがたい限りである。
来シーズン、福岡、鳥栖が昇格しないと、J1は、去年、今年同様、広島以西は大分トリニータだけとなる(残留したらだけど)。今のうちに多くの県外ファンを持つことは非常に重要である。経済基盤の小さい大分にとって、県内だけでなく、西日本地域における知名度を高めることは、スポンサーにも影響する。巨大メディアに頼らず、地道に真心のこもった交流を通して宣伝していけば、それはそれで道は開ける。宮崎、愛媛は良きパートナーとなりうる可能性がある。
我々”トリブロ”も、トリニータを大いに宣伝して、トリニータを洗練された格好いい存在に盛り立てて、県外ファンを獲得し、サポーターに引き込むようにがんばっていきたいね。
新居浜の人たちをぜひ一度ビッグアイに招待して、スタジアムの熱気と勝利の興奮と感動を味あわせてあげたいよね。送迎バスをチャーターしてね。そのくらいしてもいいのではないか?
[PR]
by worsyu | 2005-06-21 15:08 | サッカー | Comments(0)
<< 寝不足の毎日が続く喜びと悲しみと 運も実力の内なのかな? >>