「ほっ」と。キャンペーン

チーム改革の時を迎えた

負けたね。最後のロスタイムに入れられるという、屈辱的負け方をしてしまった。
最後の10分はサッカー界では魔の時間帯としてみんな認識している。集中力の勝負になる。わかっていながらもみんな失点してしまう。この時間帯にどれだけ意識が高いかの差が出るからだ。
レフリーが笛を吹くまでの数十秒があれば一点は取れる、取られる。試合は最後まであきらめちゃだめだ。
広島の小野監督は早めに選手交代をし、流れを呼び込もうとした。対するファンボは後手に回り動きの落ちた西山と動き回った阿部を下げた。松橋と司。納得である。ただ遅すぎる。さあ、後1枚はどうするんだ。もう時間が無いぞ。このままいくのか。守るのか攻めるのか?
どちらにしても、吉田というキーマンを欠いた戦力の落ちたチームで、引き分け狙いで高松を温存という選択は、甘い。甘すぎる。やはり、高松を使っていた方が後悔しなかっただろうに。
今、チームは最悪の状況に入りつつある。チームプレイができなくなっているから点が取れないのだ。俺が俺がでスタンドプレイをするフォワードがいたら絶対点は取れない。囲まれたらシュートコースを塞がれてしまったら打っても跳ね返されるか、相手に取られてしまう。チームメイトを信頼して、より点の入る確率の高いフリーの選手にパスをする。得点力の高いチームはそれがみんなできている。ガンバ大阪、鹿島と連戦する。そのあたりをよく見比べて見てみよう。
広島の戦術は、いつも通り。走り込んでくる選手にまた連動して走り込み、それに合わせてパスを出す。まあ、千葉に多少似ている。千葉ほど決定力もバリエーションもないが、とことんやってくる。最後は根負けして失点となる。なったし。
いい勉強をさせてもらったね。いい試合だったよ。形はできつつあるが、チームの和が無いからバラバラな状態にあるね。精神的にかなり追い詰められているね。
松橋はまあ、よくいいポジションにいるねえ。そこで決められないのなら居るな、と言いたくなる。走れ。何のために入れられたのか理解していない。自分が優れている点で勝負していない。スペースに走り込んでそこで球を貰えよ。仕掛けていくタイプじゃない。
ドドのワンタッチパスも精度がない。というか、考えなしにやっているんじゃないか。彼の技術は認めるが考え方がおかしい。使い方を考えないとチームの方向性がおかしくなっていく。今、ドド-マグノコンビは2人で1人分の活躍しかしていない。離すべきだ。ドドは、控えに廻して後半途中の勝負時から投入した方がチームにとってはいいのではないか。90分間あれをやられると混乱する。繋がらない。
苦しいこの時期を上手く乗り切って後半の飛躍のきっかけを掴んで欲しい。負けてもいいから、悔いを残さず、連携のとれたチームプレイで戦って欲しい。魂の戦いを見せて欲しい。ベンチワークも冷静に。
ジーコも言っている。「最強の組織はチームプレイのできる組織である」と。「和が大切である」と。ドド、松橋に読ませてやれ!!
[PR]
by worsyu | 2005-07-11 02:55 | サッカー | Comments(0)
<< 勝利を信じ、呼び込もう。力を送れ!! 走れる選手を使おうよ!! >>