「ほっ」と。キャンペーン

降格争い候補の顔ぶれ

Jリーグ再開まで長い。その間、我々トリサポは悶々とした日々を過ごすことになる。
前半を振り返って、現在の16位という位置はある程度納得せざるを得ない。リーグ開幕前の予想では全ての解説者が大分は戦力的に最下位決定、来シーズンはJ2、と決め付けていた。そんな中で5勝という成績は評価していいのではないか。浦和に退場者2名出たからという理由こそあれ、勝ちを拾ったことが大きい。これがなければ17位であっただろう。実際、神戸と大分は非常に厳しい状況にあるといっていい。東京ヴェルディーは、気分屋のところがあり、守備が崩壊した感があるが、それも歯車がかみ合うことで解消するだろう。きっかけさえつかめば上がっていくチーム。細かいパス回しでつなぎまくる攻撃は、レアルを負かしたことでもその実力が証明された。
降格争いに巻き込まれるであろうチームは、私が予想するに、新潟とC大阪であろうか。得失点差がそれぞれ-7、-6で、大分の-10に近い。もちろん、勝ち点が取れていれば関係ないのだが。
新潟は、大分に勝ったとはいえ、守備重視のカウンターサッカーが相手に研究され、昨年のような堅実な試合運びはできなくなった。前半の無駄な失点から、後半も立ち直れないという形が多い。ファビーニョが出てきて逆転などという神業はそうそうできるものではない。C大阪は相変わらず守備が弱い。しかし、去年よりはバランスが取れつつあるみたいだ。小林監督の守備重視の戦い方で前半を凌ぎ、後半から投入される攻撃カードで勝負するという戦い方ができつつある。それでも守備のレベルは低い。
この2チームに準じて関わってくるのが柏と川崎であろう。何とかして攻撃を組み立てようとして、悩み続けた柏と、J2で圧倒的な強さを誇った攻撃陣が思っていたほど通用しなかった川崎。お互いに中盤で機能する選手が出てくれば抜け出す可能性大。原田拓が活躍すれば川崎が抜け出すかも?彼はその可能性を秘めている。(大分戦で活躍すると悲しくなるね。何で出すかなあ。もったいない。今はまだ川田より力は上だ。)

大分が今の16位を何とか死守して残留決定戦に廻るには、まず、戦力の充実が第一。いくら金が無いとはいえ、計算できない若手を次々に投入して経験を積ませる先行投資は、せっかく前半に積み重ねたアドバンテージを取り崩していっている。そんな余裕はない。どうしてもやりたいのなら、J2降格が決定した後にやればいい。
三木と松橋をうまく使えば今までできなかったカウンターサッカーの流れがスムーズになると思うのだが。三木、柴小屋、深谷の3バックもおもしろいと思うよ。松橋は右MFで動き回って裏を取る動きをし、FWに球を出して欲しい。決める力はなくとも、裏に出るスピードを持っている。
T-nation’s(トリニータ族)は、まだJ1のステージから去るわけにはいかない。
我々がJ1サッカーの良心であり、九州及び地方の代表であり続けることは、意義のあることだ。その資格があるし、できるのは大分しかない。
もちろん、早く勝ち点38を達成して降格圏内から抜け出すことを祈るわけなのだが。
[PR]
by worsyu | 2005-07-30 17:08 | サッカー | Comments(0)
<< 本物のトゥーリオがやってくる 戸田のダーティープレイ >>