「ガンバレ~」で萎えた

日本の女性のスポーツ解説者はどうしてもひいきで解説してしまう。昨日のサッカーの「なでしこ」JAPAN対中国を見ながらそう思った。
彼女は特にひどかった。マラソンや柔道も最初はこんな感じだった。次第に客観的に解説するような兆しも出てきたが、まだまだ甘いね。バレーにしても甘い解説をするしね。選手と同化し、身内であることを強調することに価値を見出しているようだ。否定することで上からモノを言う解説が出てこない。
所詮、女の子のお遊び程度しか見ていないからそういう解説になってしまうのだろうか。残念だ。
みんなそこそこ上手いし、一生懸命やっている。中国に対してはモチベーションの高さを見せた。しかし、スピードが無い。強さが無い。高さが無い。これでは世界には通用しないだろう。北朝鮮はすごかった。鍛えられていると感じた。
今のJapan女子は、男の高校生とやってもたぶん勝てないだろう。中学生とやって良い勝負だろう。バレーと比べればそのレベルがわかる。そんなものだ。
ただ、女子サッカーには可能性がある。世界のトップに行ける可能性があるのだ。女子スポーツが盛んなのは、先進国である。それは、資金があり、女性が自立して活きていける環境があり、底辺が広がることで層が厚くなるからだ。5年後、10年後には日本の女子サッカーが世界を征することになるかも知れない。その中にトリニータジュニア出身の選手がいたらすばらしいだろうね。
[PR]
by worsyu | 2005-08-04 18:21 | サッカー | Comments(1)
Commented by どんこ at 2005-08-28 19:08 x
はじめまして コメントします。
所詮バーチャル(TV)でスポーツを見ている分には解説者も
視聴者もないわけで好きな観点や視点で語って良いわけで
いやならTVのボリューム下げればいい話なのではないでしょうか?
因みにアメリカでは気に入らないTVのスポーツ解説者がしゃべって
たりすると上記のようにやるのが普通みたいです。
「荒し」対策と同じで「スルー」する術を持てば問題ないかと。
勝手なコメントでご容赦願います。
とこの様なコメントも「スルー」するしないも個人の勝手なんじゃないかと思います。w
でもいいブログですよここは。応援します。
<< 大分府内戦紙 本物のトゥーリオがやってくる >>