「ほっ」と。キャンペーン

チーム再編の近道

試合の入り方、ゲームプランが曖昧だったのではないか。
マグノ、有村を欠き、故障明けの吉田を控えにし、エジ、トゥーリオの新戦力のテストも兼ねたスタート。
先制点は欲しいけど、とにかく、セーフティーに行くべき。絶対やってはいけないことは、開始10分間はがまんすること。
三木は、あそこは、セーフティーに相手を前に向かせず、外に球を出せばよかった。それを、何だか競り合って球を捕ろうとした。あろうことか相手に背を向けて体を一瞬離した。ペナルティーエリアでやるプレイではない。自信が慢心になっているプレイだ。というか、久しぶりの先発に流れがつかめなかったのだろうか。浮き足立っていた。彼のミスはこのワンプレイだけであったが、これが決定的なミスとなり、失点につながった。キャプテンのするプレイではない。試合の行方も左右する失態だった。
2点目は、誰もマークに付いていない。信じられない。体を寄せていれば防げていた。マンマークの徹底は常識中の常識。FWにしか付かないのだろうか。
まず、三木の先発に驚いた。柴小屋の方が安定しているからだ。何故なんだろうか。深谷-芝小屋の連携の方がうまく行っているのに。
トゥーリオはボランチだろう。
残念ながら形ができていなかった。だから、何度も言うが当分は、トリは1-0の試合を目指すべきなのだ。形ができるまで連携を深め、2点目が取れるよう、相手を押し込む体勢を作り上げて欲しい。
ああ、そうそう、最後の高松のはずした場面は、右足だったら決まっていたかな。というよりも、からだで押し込む意識があれば、自然と前に球は転んだはずだ。形にこだわらないいつもの高松が見られなかったのが残念。
エジ、トゥーリオが底で機能するように周りが声をかけて、動いて欲しい。
チームは、今、不安定な状態にある。サポーターができることは後押しの声援であろう。
「自信を持って、そして、守備の意識を高く持って」
この2点を忘れずに戦っていけば必ず今よりは上に上がれるはずだ。残念ながら、16位にとどまるだけでも至難の業である。そのためには、この2つが必要なのだ。つまり、「攻撃でびびるな」「失点を無くせ」ということだ。くれぐれも忘れずに。
[PR]
by worsyu | 2005-08-21 19:22 | サッカー | Comments(0)
<< 明日への第一歩 E氏の指摘は正しい >>