「ほっ」と。キャンペーン

明日への第一歩

悪くなかった。攻めていた。崩しかけていた。シュートしていた。
でも、決定機を次々とはずす。
柏は無理して捕りに来ようとしない。DFラインはしっかり引いている。
攻めてはいるが、何となく攻めさせられているような雰囲気を感じた。さすがは早野。横浜マリノス伝統の守って勝つ戦法を踏襲している。
と思っていたら、やっぱりやられた。ミスがらみの失点。こうしたミスを無くしていかないと、ミスしてもそれを他の選手がカバーしていかないと失点は防げないよ。
失点後、動揺しているのがわかった。負け犬根性がちらほら。
山崎が後半から投入された。アグレッシブに球にからんでいっていた。こうしたがむしゃらなプレイが必要なのだ。やがて、その努力が実を結ぶ。マグノの振りぬいたシュートが南の脇をすり抜けた。
攻めて攻めてやっと取れた。もっと早く決めなきゃだめだね。
両ボランチが機能しはじめた。山崎もいい流れを呼び込んだ。引き分けは残念だったが、今後の戦いに期待したい。
マグノが戦う姿勢を選手に求めたことは納得できる。プロ根性とはそういうものだ。一流の選手は勝利のために努力を惜しまない。監督もそれを求めている。山崎もトゥーリオも、エジも奮起を促している。表にもっと闘志を出して相手を圧倒してほしい、と。
一瞬のミスや油断が失点につながる。そして、自分たちを信じて球をつなぎ、攻める姿勢を変えないで欲しい。吉田もキャプテンシーを見せてくれた。チーム再生まで、後少し。
ゴール裏サポの「大分からの使者」は胸を打った。太鼓の刻む音が痛々しいほどに気持ちが込められている。
われわれの愛する、信じるトリニータが早く復活するように望む。勝負はまだまだ始まったばかり。チーム全体が上を目指して、コミュニケーションを取り、熟成を増していけば必ず道が開ける。
[PR]
by worsyu | 2005-08-25 21:16 | サッカー | Comments(0)
<< 監督の役割 チーム再編の近道 >>