「ほっ」と。キャンペーン

監督の役割

指導者には、いろんなタイプがある。
日本人は、指導者と選手たちとの関係をほとんど主従関係に近いものに感じている。野球はもちろん、サッカーも未だにそうした傾向が残っている。
ジーコが日本に来た当時、選手たちは、一言も逃すまいとノートに取っていたという。ジーコは、それを日本人の素晴さと評価し、順応性の高さに驚嘆している。しかし、反面、試合直前にそのノートを読み返している姿をみて、これはちょっと、と思ったらしい。ジーコが日本の可能性とその限界を見た瞬間だ。(ベルガーが大分に与えたものもこれに近いものかも知れない。)
サッカーは自由な発想やひらめきで相手の陣形を崩し、チームがそのプレイに反応することで強くなっていく。
がむしゃらなプレイをする選手を枠にはめてプレイを制限したり、決め事を守らない選手を使わないというのはおかしい。選手たちにプレイの選択肢を与えなくてはいけない。なぜ、ここはこの選択をすべきなのかその理由を教えると共に、彼のパーソナリティーを尊重しなくては選手は潰れてしまう。
ファンボ監督の更迭は、仕方ないことだろう。彼は2点、3点取れる攻撃的なチームにしたかったのだろうが、実際は、中盤の組立ができず、3ー4-3構想は早々にあきらめ、4バックの採用とドド、マグノのコンビに攻撃を任せるという戦法に変わった。しかし、マークが厳しくなり機能しなくなると、ドドをはずし、高松を使うが機能せず、攻撃の組立ができなくなってしまう。また、守備では、GKに西川を抜擢し、若手の育成を図ったが、時期尚早の感が強い。結果的には西川がGKになってからの勝利はない。新潟に屈辱の3失点を与えても西川を使い続ける姿勢は、まるで「西川を育てたのは俺だ」という置き土産を残すかのように見えた。
スカンズに求めるのは、雰囲気を変えて欲しいということ。バランスが崩れている所を修正してほしい。そして、何度も言うが、守備の意識を再確認させてほしい。ゴール前で相手選手をフリーにさせるなどもっての他。失点をなくすことが残留に繋がる早道だ。
GK:江角
DF:三木、深谷、柴小屋、(有村)上本
MF:西山、エジミウソン、トゥーリオ、吉田
Fw:山崎、マグノ
控え:西川、吉村、松橋、梅田、高松
[PR]
by worsyu | 2005-08-30 01:51 | サッカー | Comments(0)
<< 掌(てのひら)からこぼれ落ちる 明日への第一歩 >>