快進撃の始まり?

ロスタイムに入る前に追加点が取れた。スコアでは2-0だが、本当は(今までだったら)1-1か1-0だったような試合。このダメ押しを取りに行き、取れたことがチームが負け犬根性から脱却できた証明だと思う。

開始からお互いに攻め合う。そんな中、名古屋が中央から持ち込み決定的なチャンスを2回作り出す。しかし、西川が好セーブ。これで名古屋のリズムが崩れた。お互い左サイドの裏に走りこむパターンが多かった。しかし、ほとんど中盤でつぶしあい、流れはどちらにも流れなかった。ミスが出た方が失点するような気がした。名古屋のFWの精度が低いのが目に付いた。
後半、名古屋はあせりからか、攻めが単調になる。大分の最終ラインは堅い。カバーリングの集中力が途切れない。名古屋の攻めをしのぎながら、何本かカウンターの攻めを繰り返す。そして、17分。真ん中でマグノがインステップでふわりと右にいる高松に渡す。高松は切り返し、素早く左足を振り抜く。GOAL。
名古屋は流れを変えるべく選手交代をしていく。しかし、大分の攻勢が続く。大分も疲れが見えてきた高松に代え山崎、吉田に代え木島を投入。お互い、カウンター合戦となる。そして、その流れを呼び寄せ、結果を出したのは大分だった。ロスタイム突入前、木島が左サイドを抜け、中央で待つマグノの足元にパスを出す。マグノは切り返して左足で決める。

オールスターで選ばれた西川、高松、マグノはそれぞれいい仕事をした。もちろん、その他の選手も名古屋と比べて勝っていた。DFの3人はスピード豊かな名古屋FWをよく抑えた。ボランチのエジ、トゥーリオは攻守に渡って中盤を安定させた。根本、梅田はサイドを駆け抜けたし、守備も精力的にやっていた。吉田のトップ下の動きは素晴らしかった。高松、マグノは結果を出した。山崎も木島(仕事したね。見事。)も西山も良かった。

高い位置からのプレスが効いている。流れを呼び寄せたのは、後半、相手が疲れてきてからだった。囲い込んで球を捕りに行く。捕ったら素早く前線に繋げる。チーム全体が攻撃的に機能している。しかもあせらず、冷静に試合をコントロールしている観さえある。
セットプレイからの失点はなかった。0点に抑えた。できすぎだろう。
次節はFC東京である。大分の今の3バックを崩せるのはどこだろうか、というくらい安定している。おそらく、壁パスで走りこむ以外にないだろう。それをやられると・・・・
大分はより完成度を増していくのなら、セットプレイの攻撃練習が必要。

シャムスカは、選手たちにしっかり指示を出している。もちろんメンタル面、モチベーションの高め方がうまい。選手たちの実力を評価し、選手たちに自由に発言させ、考えさせ、構築していく。そんな中でも勝つために必要ないくつもの手を持っている。経験がある。心強い限りだ。
ただ、いつか壁が来ると思う。それをどう乗り越えるか、見てみたい。
まだまだ、これからだ。戦いは最後まで続く。
[PR]
by worsyu | 2005-09-18 02:20 | サッカー | Comments(0)
<< 池田綾子のミニコン 熊本遠征 >>