「ほっ」と。キャンペーン

確実なプレイで確実に決めよう

FC東京戦に我々は次なるステップを望んでいる。何を魅せてくれるのか。シャムスカ監督のステップは何か。日本中の多くのサッカーファンは大分が勝つとは思っていないだろう。しかし、アウエーの浦和に勝ったことで、アウエーの戦い方はマスターした。それでは、FC東京に何のアドバンテージがあるというのか。各ポジションを比べても、遜色ない。FWに関しては大分の方が上だ。唯一心配なのは、天気。そして、慢心による油断だろうか。
手負いの虎を退治するのは、慎重にやらなければ大怪我をする。焦らず。確実に相手の体力を消耗させ、パフォーマンスを落とさせ、形を作っていって欲しい。
まだ、東京は大分をただのカウンター攻撃だけのチームだと思っているだろうから、前節通り、前からプレスを掛け、対応できないうちに1点を取ってしまえばよい。東京はあせってサイドへロングフィードをしてくるから、そこは深谷と福元はしっかりと対処して欲しい。特に加地が来るので福元は落ち着いてやってほしい。ここでふんばれば相手はなえる。
前半終了際にもう1点欲しい。加地の裏に吉田が走り、根本、トゥーリオとパス交換して崩し、最後にFWが決めて欲しい。
後半、東京は選手を交代してくる。後半は、前節で名古屋相手に機能した浅いラインコントロールでより前にプレスを掛け、東京がサイド攻撃のみになるようにする。そして、前がかりになったところを裏にスルーを出し3点目。ついでに試合終了前にセットプレイのFKで根本がダメ押ししたら最高だね。
これがシャムスカの描く理想の展開だろう。審判の判断もあるので失点は1点以内に押さえる。得点は3点以上が今回の目標だ。もし、引き分けるのであれば、それは、精神的に大分に弱さ、甘さがあったということ。 負けた場合、それは試合の進め方に問題があったということになる。
ここで立ち止まっては、先には進めない。上を目指すのなら上に行こう。そのためには決められたことはきちんと守って、確実に攻めきろう。勝ち点3をとってもまだ戦いは終わらない。早く36点をクリアして、新潟を追い越し、浦和に追いつこう。
得失点差も重要だ。ここで稼ごう。チャンスである。
[PR]
by worsyu | 2005-09-25 03:41 | サッカー | Comments(0)
<< 油断するとひっくり返るぞ 変な人たち >>