「ほっ」と。キャンペーン

油断するとひっくり返るぞ

残念な結果だった。勝ち点1点をとったことは最後の状況では評価していいのだろうが。ここで休憩している場合ではない。
精神的な弱さを出してしまった。前半に2点入れていてもおかしくなかった。前半は7:3で大分ペースだった。後半、6:4で少し押し込まれたが、全体的には大分ペースだった。東京はセットプレイとカウンターだけだった。でもそうした少ないチャンスでも点を入れてやろうという気概を感じた。東京は負けたくないという気持が強かった。試合中からスタジアムはブーイングに包まれた。大分の攻めを凌ぐのに精一杯で球がつながらない。前線のサイドに蹴るしかなかった。つまらんサッカーだった。でも”手負いの虎”は根性を見せた。手ごわかった。
大分はいつでも取れるとでも思ったのだろうか。魂がなかった。その差が出た。最後は余力を残して余裕の引き分けゲームであった。確かに危ない場面があったが、想定の範囲であっただろう。GK西川、DFの三木、深谷、福元はよくがんばったのではないか。特に西川は落ち着いてきた。
攻撃陣は、反省して欲しい。辛口だが、ここは厳しく言いたい。勝てる試合を引き分けることは何かが足りないからだそれは勝利への執念だ。上に行ける道が見えていたはずだ。その道を進むためには貪欲に勝負にこだわって欲しい。千葉を見習って欲しい。最後の最後まであきらめるな。
次は横浜である。反省して結果を出して欲しい。細かいミスを修正すればもっと決定機を作れたはずだ。前に進もう。今の位置は嫌だ。東京より上にあることは明らかだ。自信を持って正しい流れに乗って正しい位置に着こう。
[PR]
by worsyu | 2005-09-25 21:36 | サッカー | Comments(0)
<< チーム状態を見る試合 確実なプレイで確実に決めよう >>