「ほっ」と。キャンペーン

なすべき時が来る

今や、ひいき目に見なくても大分トリニータのチームとしての好調さはG大阪、川崎F、C大阪と同類かそれ以上だろう。今、一番見てみたいカードはG大阪と大分トリニータだろう。

-夢想-
「マグノ、高松、トゥーリオ、深谷、西川、福元。そして、監督のシャムスカ。
このうちの2人は欲しいなあ。いくら金を積んでもいいから、うちの使えない選手やってもいいから、何とかしろよ。
大体、何であんな低予算のチームが俺たちよりも強いんだ?
岡田監督はどう思っているんだ?ハーフタイムでよく1点で収まったものだ、と言ったそうだが、その意味は何なんだ?
保身で言ったのなら、そんな奴はいらん。」

さて、大分トリニータがこんなに強くなったのは、勿論、監督の力もあるが、もともと力のある選手がいたことにある。このことが明らかになると、彼らに正当な評価を与えられないようなクラブは、彼らを持つ権利がないことになる。つまり、売るしかないことになるのだ。クラブ経営を軌道に乗せるため、シーズン終了際には、こうした移籍話が出てくるだろう。今までは、戦力外選手の放出が主だったが、今回は違う。
我々サポにできることは、公募されたら、公開株を買ってクラブの資金力を増すことだろうか。
選手は九州の大分という場所で移動のハンデがありながら戦っている。彼らのためにわれわれサポは暖かく支援する義務がある。だから大分サポは素晴らしい。大分という環境はサッカーをするのに最高の場所だと言わせたい。
いいサッカーができる環境整備のためにもっとわれわれができることをやるべきだ。
強くなればそれ相応に中央からのスポンサーも増え、今まで見向きもしなかった県内企業も振り向く。その前にわれわれにできることがあるはずだ。
「何で大分なんかにいるのか」
と言われて
「この環境を捨ててまで他に行くほどいいところが日本にあるのか」
と言わせてみたい。

批判するのは大分県人はうまい。あの福沢翁、筑紫氏を出すまでもなく、批判精神旺盛な県民性は日本の中でも際立つ。しかし反面、情に流される府内人は理性に欠けるところもある。批判じゃなく非難に終わっている場合も多い。
サポーターはトップクラスになろうとしている。チームもトップクラスに近づこうとしている。じゃあクラブはどうなんだ。リーグ最低の予算しか組めない状況。単年度の黒字さえまだ実現できていない。冷静になってこのクラブをどうやって大きくしていくか。もうわれわれが口だけ出しているだけではだめなのだ。
クラブがリスク管理ができないのならできるクラブにしなければならない。
少なくともスポンサー探しは今がチャンスだ。今動かなくていつ動くのだ。
「買いは慎重に。そして売りは即断即決。躊躇せず」
「余裕のないところに利益は生まれない」これも付け加えておこう。
[PR]
by worsyu | 2005-10-03 22:42 | サッカー | Comments(3)
Commented by 広島ん三光人 at 2005-10-04 12:40 x
強いぞ!トリニータ!
11月12日(土)広島ビッグアーチにトリサポとして応援に行きます。
去年は引き分けでした。。。今年こそ勝利の雄たけびをあげさせて!
大分から来られる皆さん、お気をつけていらしてくださいね。
ビッグアーチは山ん中にあるので後半は寒いと思いますので
羽織るものを一枚持ってきた方が良いでしょう。
worsyuさんも来られますよね?
Commented by worsyu at 2005-10-10 11:10
去年行きました。帰りは死ぬほど眠たかったです。(詳細は去年書きました)
行けたら行くかも?
Commented by 広島ん三光人 at 2005-10-11 13:03 x
山陽自動車道の岩国-玖珂間が通行止めになっています。
時間帯によっては一寸ずりしますのでお気をつけ下さい。
<< 根無し草? 笑いビクス >>