今一番見たい試合

好調を続けるトリニータと首位を走るガンバ大阪。この2チームが戦う。サッカーファンなら今一番見たい試合だろう。しかし、テレビの全国放送はない。所詮全国ネットのテレビとはこんなものだ。彼らが口にする公共性とは、関東中心主義でしかない。

もともと攻撃に自信のあったガンバ。それに対して守備的なチームから攻撃的なチームに変身したトリニータ。
お互いの戦力比較では、大分にセットプレイの攻守にやや未熟さがある程度。大分が先制して流れに乗るといい試合になるだろう。清水戦では途中から戦意を喪失した相手であったため、穴が見えなかったが、まだまだ修正する部分はあると思う。特に前半、清水に押された場面、前に球を動かせなくなった。プレスが効いていて出せば相手に球を捕られてしまい、攻撃の組み立てができなかった。西川の好セーブから一気に流れを呼び込み、そこを決めた。しかし、それはオウンゴールだった。清水の前節のガンバ戦を見る思いがした。自滅。
さて、ガンバのスピード豊かで個人技もある攻撃陣に対して、DFの3人が抑えることがまず必要。深谷、三木、福元は乗っている。この3人以外のメンバーが入った時、どれだけ対処できるのかはわからない。西川に負担が掛かるだろう。西川はオールスターで自信を付けたようだ。場を踏むことでそれにふさわしい人間に変わることがある。たった1試合であったが彼は落ち着いた。
ブラジル人2人の中盤は強力だ。彼らがチームプレイを続ける限り機能する。それこそがブラジルサッカーだからだ。高速パスとワンタッチパスを織り交ぜながら、スペースに動き回って繋ぎ相手を崩す。
決定力のあるFW2人-マグノ、高松の存在も大きい。マグノはラストパスも出せる広い視野も持っている。2列目が最前線に攻撃参加することで攻撃の幅が広がる。
トリニータのサッカーは今とても魅力的なものになっている。もっともっと精度を増していくとものすごいチームが出来上がる。
ガンバに勝つことで日本サッカー界の目が覚めるだろうか。いや、無視し続けることでサッカー文化の脆弱性を証明するだろう。Jリーグが推し進めるサッカーは人気チームが活躍してサッカー人気そのものを大きくすることであり。地方(東日本以外でしかも地方)のサッカーチームがトップになると困るのだ。われわれはその政治的な壁にいつか気づくだろう。それがガンバなのか、千葉なのか、鹿島なのか。これら3チームを倒さなければ(内容でも上回らなければ)認めてもらえないだろう。
ロングディスタンスロード。われわれはあきらめない。その覚悟をして戦おう。
[PR]
by worsyu | 2005-10-18 22:32 | サッカー | Comments(0)
<< その先にあるもの アグレッシブではなかった >>