「ほっ」と。キャンペーン

心の戦い

やっぱり、まずは、感謝したい。シャムスカ監督に。今、この状況を作ってくれたことを。
千葉との戦いを、こういう形で迎えられたことを嬉しく思う。
私が前から口をすっぱくして言っていた中盤の補強をしてくれた強化部に、次に感謝する。
中盤、とりわけボランチは車で言うエンジンのようなもので、そこが攻撃的になるのか、守備的になるのか、また、どうチームにフィットしてバランスをとるかによって全然違うチームになるのだ。
今、不振に陥っているチームは、やはり中盤のありかたのどこかに問題があるからだ。

さて、千葉にはなかなか勝てない。このチームはとにかく走る。最後まで諦めずに走る。速い。千葉の攻めを止めるには、鋭い突破で裏を狙って仕掛けてくるのについていかなければならない。DF陣のふんばりがまず必要。それから、セットプレイも脅威だ。
千葉というチームは、そんなに得点力があるほうではない。しかし、状況に応じて勝負を読む力を持っている。基本的には東欧のカウンターサッカーそのものだ。選手らにとっては、楽しくない、辛い、苦しいサッカーだ。カウンターサッカーには限界がある。それが世界の趨勢だ。しかし日本では通用する。それはスピードと高さに抜きん出ている選手がいるからだ。トリニータはそれを証明する責任がある。ぜひ勝って欲しい。サッカーファン注目の一戦だ。

シャムスカのサッカー、というよりも今のトリニータのサッカーは、日本が目指すサッカーかどうかはわからんが、流れの中で相手を押し込み、攻撃的な中で得点し、攻守の切り替えを速くして、守備をきっちりとする。囲い込む形で相手ボールを奪う、という形は、ジーコの目指そうとしているサッカーに近い。Jリーグの強豪チームをことごとく破っていく様は痛快だ。

千葉戦の結果はわからないが、1-0ぐらいだと思う。千葉はしぶといよ。

トリサポは進化を見せて欲しい。ロッテの優勝を見て思ったのは、やはりサポーターの力は凄いということ。阪神に数では負けていても勝っていた。盆踊り応援の阪神と飛び跳ねシャウトのロッテでは明らかにロッテの勝ちだった。テンポの良い応援を今後目指して欲しい。
提案だが、試合後ならトランペット3重奏もいいのでは、できたら見てみたい。盛り上がるだろうね。ドームの外でもいいからやってほしいなあ。
[PR]
by worsyu | 2005-10-29 11:00 | サッカー | Comments(1)
Commented by hiromappi2000 at 2005-10-29 13:59
はじめまして。
すばらしい文にとても感心させられました。本当、すばらしいです。見習いたいものです。
本当に千葉-大分は見ものですよね。
<< ホームで負けてはいけない その先にあるもの >>