爆勝(本当は笑が正しい)

チーム状態の差か。決定力の差か。GKの差か。
始まってから15分間、攻め込まれる。しかし、跳ね返す。最近の流れからいくと、逆に大分が20分あたりで1点入れるはずだが。
実際にそうなった。マグノのスピードと正確なキック。ベストタイミング。しびれる。世界レベル。
これが全てだったな。広島との差を感じた。あそこは、マグノに2人ついていなければ抜かれるね。(おっと、これ以上言わない方がいいか)
勝ちに見慣れてしまったせいか、もっと感激せねばだめだ。反省。
広島に行くべきだった。帰りは辛いけど。来年は行こう。トリサポの応援は素晴らしかった。試合後、梅田のインタヴュー時、肩越しにスタンドにいるサポが映り、「大分からの使者」が聞こえてきた。アナウンサー、解説者ともに驚いていたね。そうだよこれがサポなんだよ。1500人はいたと思うよ。
「青は藍より出でて藍より青し」広島よりもトリサポの方が今は盛り上がってるし、熱いし、洗練されている、と言える。
将に”広島ジャック”。熊本に続き、広島も第3のホームとなりつつある。来年は福岡も第4のホームに!!笑いが止まらないね。勝ったのも素晴らしかったが、サポの盛り上がり方が素晴らしかった。ぜひ、来年、これを福岡で実現しよう。
これは全くの私見だが、太鼓の音がもう少し小さくて、声がもっと大きくなったら、ヨーロッパみたいに洗練されて美しい応援になるだろうね。そんな日がくればいいね。太鼓の音が大きいと韓国みたいでちょっと嫌なのだ。
浦和は威圧するけど美しくはないね。横浜やFC東京は綺麗だけど熱くはないね。新潟は数だけ多い阪神や福岡みたいなもの。
それから、最後のロスタイムに流れるトリニータオーレは気持ちいい。ただ、鹿島がやっているので、来年はちょっと考えなおした方がいいかな。鹿島なんか、1点差でも終了15分前からでもやっていた。これはちょっとね。慢心チームだね。
[PR]
by worsyu | 2005-11-14 17:15 | サッカー | Comments(0)
<< 或る心理学者の話 悲しい現実 >>