U-23

と、強がりを言ってみる。
有村は、故障上がりからか、足をかばうような動きで精彩を欠く。ちょっとレベルが。相馬に遊ばれていた。
梅崎は、1本だけいいセンタリングがあったが、総じて若い。弱い。球がキープできない。考え無しにパターンでやっている。先発は無理。
大海は言わずもがな。あまり語りたくない。線が細いよね。うまい時もあるが、怖い。
松橋はいい仕事をした。スピードで勝負したのがよかった。相手はわかっていてもついてこれない。これでわかったはずだ。下手に小細工して自滅するよりも、勝てるスピードで勝負していけば十分通用するということが。GKと1対1で正面にパスするのは毎度のこと。おそらく先発で使ったら5回くらいこういう場面になるだろう。その内1本決められるかどうかの選手なのだから。
内村はファンタジスタとして開花しつつある。スピードと強さがあれば十分いける。男になったね。セレッソの借りを返した。
西川は、そろそろ読みを覚えて欲しい。頭を使ったプレイを望む。PKとなったシーンは、飛び込みたいのを抑えてついて行けば良かった。結果論だが。ジウのプレイスタイルからシミュをするのは予想できたはず。もちろん手は掛かっていなかったが。ワシントンのPKは手に当てたが押し込まれた。コースは当たった。しかし反応が遅かった。蹴る前の軸足の位置でコースを決めていれば西川の反射神経なら止められたはず。

醜い試合だった。メンバー的には、これでは勝てない布陣だった。攻めの形が作れないし、守備も未熟さを露呈。よく追いついたものだ。引き分けでいいならあそこからバランスを整えて大海を左DF、中央に深谷、右DFに有村で良かったのでは。自滅するのを待っていれば良かったのに。
まあ、天皇杯、来期を考えた上でのテストの意味合いもあったのだろうか。残念な結果となった。

東京、並びに関東のトリサポのみなさん、応援ありがとうございました。画面を通じてその熱い想いと力強さを感じました。
「大分は死なない」
このマグノの言葉にわれわれは勇気づけられました。そして快進撃。来年の戦力がどうなるのかわかりませんが、トリサポの熱い想いを持ちながら、浦和や千葉に向かっていきましょう。
まずは天皇杯。気持を強く持っていきましょう。戦いはもう始まっています。
鹿狩りから始まります。鹿はプライドが高いから何とかしてカップを取りに来る。汚い挑発に乗らず冷静に対処して欲しい。
[PR]
by worsyu | 2005-12-04 10:53 | サッカー | Comments(0)
<< 選手は我々の宝物 みんな愛してるよ。トリ戦士たち。 >>