「ほっ」と。キャンペーン

選手は我々の宝物

トリニータ選手の移籍問題は、当然出てくるであろうと予測していた事態であった。このことは前にも触れたのでそちらを読んで欲しい。
個人的理由で落ち込んでいたこともあり、書き込みが随分ご無沙汰になってしまった。立ち寄ってくださるみなさんには、失礼しました。
さて、5億~6億で運営している甲府が26億の柏といい勝負をしている入れ替戦。それでJ1に上がるってか。と言った感じもするが。そんなのもありなのだ。強ければ。
大分トリニータを応援しているトリサポは、何よりもJ1残留を強く望み、いつの日か日本一になるという言葉を半ば信じ、半ば笑いながらも、慈しみながら見ていた。今年の成績は問題がいっぱいあったが結果的には満足しているといっていいだろう。来年への希望が見えた。

主力選手が抜けても成績が上がれば、強ければ納得できる人も多いだろうが、選手への想いと愛情は成績とはまた違った心の繋がりである。マグノが残留してくれたから今年のトリニータがあることを皆わかっているだろう。後半戦に入って、FWに高松が先発復帰、三木がセンターDFに復帰、新たにブラジル人ボランチが2人入団。そしてシャムスカが来て、形が整い、快進撃が始まった。理由なく突然強くなったわけではない。
シャムスカ監督の手腕は、降格の危機を救ったことにより高い評価を得た。新監督が来てもヴェルディが降格したように結果が出せずに終わることもある。しかし、大分は蘇った。監督と選手に拍手を送りたい。この喜びを分かち合いたい。これはものすごいことなのだ。「サポの力」と言ってくれた吉田キャプテンありがとう。
前にも書いたが、トリニータは、選手が楽しく、思いっきりサッカーができる環境であって欲しい。それは金では補えない部分もある。心無いサポやファンが多くいる他クラブと比べれば判るだろう。(馴れ馴れしく乱暴な言葉で突っかかってくるサポもいるだろう)
クラブ任せではだめなのだ。我々が選手にできる範囲で直接サポートができることがあるはずだ。もっともっと彼らを大切にしなければいけない。彼らは我々にとって宝なのだよ。もし、他のクラブに行ったらそのことを痛感するだろう。トリサポは、LOVEトリニータなのだ。これだけは言わせてくれ。
[PR]
by worsyu | 2005-12-09 18:02 | サッカー | Comments(0)
<< 「信」 U-23 >>