「ほっ」と。キャンペーン

心が少し暖かくなった

今日、こんなことがあった。一昨日の夜、飲み会があり、手袋をどこかに置き忘れてしまった。いくつかの場所を思い浮かべたが、そのまま帰った。そして、今日、もしかしてと思ってある場所に行った。すると、そこにそのままあったのだ。誰にも取られずに。東京じゃあ考えられない。
何と言うことだろう。この町の人はおかしい。素晴らしい。それに対して俺の心はすさんでいる。

開放前の中国の話。日本人観光客がカメラを落してあきらめたところ、すぐに出てきて、感激したという。「社会主義の国だから当然のことですよ」と随行員が胸を張ったらしい。(中国については、また話をしよう。)

ところで、昨日の夜、車にバックで当てられた。でも出てきたおじさん(60才くらい)が坂本休さんに似た人だったし、かわいそうになって許してあげた。同じ大分人なんだから、仲良くしよう。
「いいから、いいから。大したことないし。」
俺も人がいい方かな。俺も大分県人だということか。でも、去年、子供のDSが盗られた。
さて、それでも比率として、この町、この県の人は正直者が多いと思うよ。
(だから、福岡なんかから来てだまされないように注意しようね。福岡とは上手く付き合わないとね。なんといっても犯罪率が日本一の県だから。)
大分市よありがとう。何か大分のためにやろうと思う。
[PR]
by worsyu | 2005-12-31 22:10 | 地域ネタ | Comments(0)
<< 言霊館 この野郎。 >>