「ほっ」と。キャンペーン

恐怖の胸スポ

磐田の胸広告スポンサーに東京の分譲住宅供給の会社である飯田産業がなったそうだ。3億円。しかし、そのロゴの入ったユニフォームを見て、ちょっといただけない。
まず、笑える。みっともない。あのジュビロがこれかい。
大分トリニータはその点、まだ恵まれている。チームブランドとしての力がまだある。コンセプトを汚していない。まだ、洗練されている、と言える。
こういう暴挙がクラブ側でされると、サポはついていけない。クラブ側はよかろうとしてやっているのだから、また始末が悪い。
磐田サポは新しいユニフォームのレプを買うのだろうか、そしてそれを着るのだろうか。何だかかわいそうである。何だか、中国のサッカークラブみたいだ。誰も反対しなかったのか?これをあの中山や福西、カレン・ロバート、川口が着るのか?大分に来たら笑ってもいいですか?
「いいだ」コールをしてあげよう。
Jリーグをなめているね。磐田よ。格好よくなくちゃ、子供が泣くぜ。ユースやジュニアにはまだ広がらないからいいだろうけど。もし、「飯田産業」だったら笑うね。新潟の「亀田製菓」と同じくらいみっともないね。

幸いにも大分は、広告塔としての価値が低いから、そんな金を出す企業がないから、勝手にデザイン重視でやらせてもらっている。まあ、いつ金に目がくらみ胸に、磐田や新潟のような漢字やひらがなのロゴが入らないとも限らない。ああ、怖っ。
今度のロゴ、いいじゃん。早くユニ見たいね。漢字はやめてね。期待を裏切らないことを願う。
[PR]
by worsyu | 2006-01-24 18:28 | サッカー | Comments(0)
<< 江角に幸いあれ 吉田には感謝している >>