韓国に勝った。

韓国に勝ったんだね。当たり前じゃんと言いたいねえ。でもちょっと驚き。
まず、負けるのかなあ、と思っていたが。わからんもんだ。U-19。朝鮮日報では、韓国が勝つのはまず間違いないような論評をしていた。
韓国側は退場者が2人も出たそうで、何があったんでしょうね。随分、公平な審判ですね。
よく日本のDF陣は韓国の執拗なプレイにがまんしたものだ。福元えらい。この試合のMVPだろう。キャプテンだし。
だてにJ1で活躍していているわけではないね。あのレッズの田中を押さえた力は本物だよね。強い、高い、上手い。彼に望むのは、長くトリニータに居てDF陣の核となり、優勝を狙えるチームに守備陣の支えとなって欲しいということだ。
おそらく、今年活躍すれば2年後くらいには他クラブからオファーが掛かるだろう。将来の日本代表候補となる器だ。
熊本で逢おう!!

実際、今年のトリニータは、Uー23といっていい。これで勝ったら他クラブからひんしゅくものかもしれない。
「何であんな地方で、金もなく、人数も少ない、有名選手もいないチームに負けなきゃならんのか」
今年、トリニータが活躍すれば、それこそ、青い旋風が吹き荒れる。それにはサポの力が絶対必要だ。不可能を可能にするには、戦わなけりゃだめだ。頭は冷静にね。
[PR]
by worsyu | 2006-02-02 18:17 | サッカー | Comments(0)
<< ムハンマド? シェパード >>