「ほっ」と。キャンペーン

横浜Fマリノスの強さ

マリノスのサッカーはいい。鹿島戦を見た。すばらしい。鹿島は初戦こそ広島相手に4得点したものの、今回の横浜戦でもわかったように、攻撃力に問題がある。
一方、横浜、特に吉田が気になり、見ていた。よくがんばっていた。慎重すぎるきらいはあるが、最前線から中盤、そして最終ラインまで右サイドから時には左サイドまで動き回って流れを維持する役目を果たした。後半、攻撃的にする段になって田中隼磨と交代した。これでいいのだ。試合の流れを作り、優勢に戦い、そして、若手を起用して一気に試合を決める。それができる選手層を持っている。鹿島相手にこんなに圧倒できる試合ができる横浜は本当にすごい。吉田が望んだものが確かにあるような気がした。

3-5-2のシステムは大分といっしょなので、少しでも近づけるようにがんばって欲しい。久保は高松、マルケスはオズ。奥は内村(西山)、マグロンはトゥーリオ、ドゥトラは根本、吉田は梅田。とか。とにかく、すごいメンバーだ。浦和以上に今年の横浜は強そうだ。とにかく穴がない。

大分は、今回、深谷が欠場するらしい。DFの3バックは、福元、三木、上本らしい。
広島は、ウェズレイが入り、去年よりも得点力は上がったといえる。しかし、問題は多い。大分がベストのメンバーであれば、1-0で勝てるかなと思ったが、今回は0-2か0-1で負けると見る。良くて0-0だろうか。後半のメンバー交代で穴を早めに埋める作業が重要。また、サポーターの力が十分発揮されれば、1-0でもしかしたら勝てるかも。厳しい戦いになる。
とにかく、シャムスカ監督が笑顔でいるのがせめてもの救いである。たとえ連敗しても、大丈夫のような気がしてくる。それでも、1点入れるまで、勝ち点を取るまで、勝利するまで安心できないのだ。
とにかく、大分が去年よりも強いチームになるために必要なことは、横浜と比べて劣っている点を無くすことだ。良い手本となるチームだ。その鍵は、セットプレイ、サイド攻撃、交代にあることがわかった。
[PR]
by worsyu | 2006-03-11 18:35 | サッカー | Comments(0)
<< 一歩前進 自爆 >>