「ほっ」と。キャンペーン

一歩前進

広島戦は、あれで逃げ切れればすごいと思っていた。しかし、結果は同点に追いつかれた。
三木の追いすぎもある。ウェズレイをなぜかフリーにさせた。みんな最終ラインに来ていてもよかった。そのくらい重要な場面。球を見ずに人を見ろ。
しかし、まあ仕方ないかな。相手は広島だし。引き分けで良しとするべき。
前半、最初、押し込まれたが、時折跳ね返す場面も見られた。去年の時もそうだったが、広島のあの動きは90分間は続かない。前半0-0は、失点しなかったという点でよかったのでは。本当は1点欲しかったが。今の状況では難しい。
後半、相手を押し込むようになってきた。最後の詰め。そして、松橋、内村の投入。いいタイミング、良い交代だ。そして結果が出た。内村のゴール前に出したシュート気味のパスは絶妙。強ければGKがキャッチするだろうし、弱いと松橋がミスするだろう(?)。松橋もあの球を蹴るのは難しい。よく足が出たものだ。そのスピードはやはり凄い。あのタイミングであそこまで詰められるのはものすごい速さだ。その後も松橋のスピードは相手をかく乱した。
高松は、基点になっていた。ポストプレイで空中戦、楔の役割、サイドに流れてのキープもできていた。オズマールが連携してくればもっと良くなる。そのオズマールだが、動きはまあまあ。重たいと見る向きがあるが、あのロードランナーのマグノと比べてはかわいそう。タイプが違う。身体能力と体の切れで勝負するタイプ。フィニッシュの精度で勝負するタイプだろうか。だから、周りがそのお膳立てをすることが大切。一人でゴールするタイプではない。柳沢みたいなもので、どこか物足りなさを感じるだろう。そのためにも、内村が成長してくれるのを切望する。
次節はガンバ大阪である。広島も相性の良さを感じたが、ガンバもそう悪くない。問題は、得点力だ。もちろん、引き分けで十分といえる相手なのだが、戦術で勝つこともありうる。エジ、トゥーリオが中盤で持ちこたえ、早めに相手の攻撃の目を摘んでいって欲しい。前半の数少ないチャンスを何とかものにして欲しい。そして、広島戦がそうであったように、後半、押し込んで攻撃的な展開に持ち込んで欲しい。ミスからのカウンターやファウルからのフリーキックは、相手は役者が揃っているので失点の恐れがある。頭を使って対処してもらいたい。メンタル面では、チャレンジ&チャレンジだ。失敗を恐れず挑戦者としての勢いを失わず、精一杯戦って欲しい。こじあけることは難しいが、我々はそれができる可能性を秘めている。それから、サポーターの後押しは絶対に必要だ。
これからが本番だ。着実にチームは進歩していって欲しい。
[PR]
by worsyu | 2006-03-15 01:43 | サッカー | Comments(0)
<< 押さえることから始まる 横浜Fマリノスの強さ >>