「ほっ」と。キャンペーン

押さえることから始まる

ガンバ戦でまず大切なこと。気持ちで負けないこと。試合の入り方を気をつけよう。
相手を圧倒することよりも、慎重に試合を進め、チャンスを待つ。そして、流れを掴む。
最初から飛ばしすぎない。
FWは高松、オズマ。MFは梅田、西山、根本、エジ、トゥーリオ。DFは三木、深谷、福元。GKは西川。
交替は、山崎か松橋、内村。
FWとトップ下のパフォーマンスを維持するためにこの交替は必要と思う。エジがバテたら、その時は増田。
これで、何とか形になると思う。ただ、勝つためには何かが必要だ。それが何なのか。
決める力だ。そして防ぐ力。球を支配する力。最後までチーム力で相手にプレッシャーを掛け続けられるかだ。我々は挑戦者なのだ。チャレンジするしかない。
サイドと裏は気をつけよう。抜かれたら、ボランチのエジはすぐさま帰ってフォロー!!そして、サイドのMFも常に守備を意識して欲しい。1対1にさせない。コースを消すことを。そして、最後に西川は、冷静に。
ガンバとの戦いは次の横浜に繋がる。結果も大切だが、横浜戦のために何かを掴んでチームを前に進めて欲しい。勝てる集団になってほしい。
ガンバは攻撃を前面に出してくるチームだ。そのリズムを崩すことが大切。ポイントとなるのがフェルナンジーニョだ。ここを押さえることが大切。マグノがシュートを出すタイミングはわかっているはず。それをケアするよりもフェルナンジーニョの動きを押さえることでマグノのシュートのタイミング、抜くタイミングがズレル。
マグノは最終的にミドルレンジからでも正確なシュートをしてくるが、そこは飛び込まずコースを押さえる。
[PR]
by worsyu | 2006-03-17 19:20 | サッカー | Comments(0)
<< どこまでやれるか 一歩前進 >>