「ほっ」と。キャンペーン

どこまでやれるか

ガンバには勝った。3点取った。しかし、横浜から点は取れるだろうか。去年は取った。しかし、今年の横浜は強い。今のガンバとは雲泥の違いだ。
まず、中盤で球を廻される。サイドとその裏をつかれる。右は吉田だから無理をしない。7割かた一旦下げると考えていい。そこから裏に放り込まれる手はあるが。問題は左サイドだ。強力なブラジル人3人のコンビ。ここから崩される。久保が前線で待つ。奥が飛び出てくる。ドゥトラがサイドを突破する。マグロン、マルケスの個人技。ここをファール無しで止められるか。サイドのスペースをケアできるか。
大分は、ガンバ戦で得たものを確認して、冷静に戦って欲しい。あれだけのプレッシャーを90分間掛けられてガンバは最後までリズムを掴めなかった。もちろん、雨によるピッチの重さがパフォーマンスを消し、大分のシンプルで効果的な戦法がはまったわけだ。しかし、今度は全天候型のドーム。走り勝った方が勝つのではないか。前節がんばったエジもどこまで持つか心配である。
相手のリズムを壊すという意味では、ドゥトラの後を攻めるのが効果的か。そして、ドゥトラをマークすることで、左サイドのリズムは崩れる。唯一穴と言えるのは、松田が上がった後の穴を攻めることか。それから、GKの反応が若干鈍いので、高松とオズマールのコンビが詰めていけば1点は取れるかも。最後は松橋のスピードでDFラインを下げさせ、あわよくば追加点を狙う形に持ち込めれば。とにかく、集中していないと一気に持っていかれる試合巧者のチームだ。
この強いチームに対してどこまでやれるか、どう頭を使って組織の力で押さえ込めるか。きつい試合になるだろう。そして、今年の前半を占う意味でも重要だ。また、監督の勝負でもある。駒を取り揃えて優勝を狙える戦力になった横浜と、戦力をダウンさせながらも戦術とその理解力による組織力で戦う大分。

それから、どうでもいいけど、毎年頭に来る横断幕。言葉の暴力。またやるのだろうか。品性下劣だよ。言っとくけど。
まあ、我々は毅然としてブーイング等に勤めたい。

吉田?しゃらくせえなあ。吉田は俺のヒーローさ。でも試合になったら俺はトリサポだよ。汚いプレイにはブーイングするさ。誰であってもね。でも大好きだよ吉田。それは変わらないよ。
[PR]
by worsyu | 2006-03-20 19:11 | サッカー | Comments(0)
<< 冗談じゃねえよ 押さえることから始まる >>