「ほっ」と。キャンペーン

チームの熟成を急ごう

浦和と横浜は3-1で浦和に軍杯が上がった。大分との違いを見てみると、浦和の守備が集中していたということ。浦和は前半失点しなかった。逆にこぼれ球を押し込んだ。この1点は重かった。後半に入っても流れを維持し、横浜はそれを跳ね返すことができなかった。ワシントンと松田の対戦は面白かった。松田はあそこはついて行ってコースを消していればよかったのに、あろうことかへたり込んでしまった。これでは代表に呼ばれることもないし、横浜も考え直した方がいいだろう。いつまで松田を使い続けるのだろうか。集中力が途切れるのだろうか。あの強かった横浜も大分戦で少し見えたように絶対的な力強さを感じない。攻撃力が無い分、試合経過から攻守のバランスを崩すと修正しづらい。攻め、守り、中盤の支配。この3つの全てにおいて優れていたのは、やはり浦和だった。
セレッソは新潟に勝った。地力を見せたとは言え、まだまだ不安定だ。新潟はやはりDFに問題がありそうだ。得点力も無いし。同様にDFが崩壊して去年のようにうまくチームが機能していないのが広島。ここは守護神の下田に一時期の力が無くなり、失点を重ねている。福岡はまた引き分けだ。ある意味すごい。ここは若い選手が多いから後半バテることがない。だから、先制して逃げ切るのが一番いいのだろう。しかし、攻撃力が無いと結局は負けていく。攻撃パターンを読まれ、得点することができなくなると守備もおかしくなっていくだろう。チーム状態は悪くない。だから伸びシロはそんなに大きくないといえる。現在の位置が維持できるかどうか。
大分は、横浜に破れたとはいえ、ミスからの失点。GKの西川でなかったらもっと失点していただろう。攻め、守り、中盤の支配力の3つのバランスから考えると、大分は、攻撃力に劣ると思う。ここをどう建て直すか。オズマール、高松のFWの奮起も大切だが、トップ下との連携プレイをもっと見せて欲しい。このままだと、前半凌いで後半、スピードのある松橋、山崎、内村で勝負という形になるのか。それでは上位には行けない。高松が下がってプレイすることでスペースができ、前線に走りこむ選手に渡すということで相手の最終ラインを崩す戦法は、やらないほうがいい。やはり、中盤で作って、高松、オズマールが決めるのを基本に考えるべき。内村が成長し、レギュラーに定着しないと苦しい。
とりあえず、名古屋戦ではミス絡みによる失点はやめて欲しい。2-1を望む。攻め所、守り所のポイントをしっかりやれば可能だと思う。このまま13番以下に沈むか、中位のポジションを維持しながら進んでいくか大切な戦いである。
少しずつチームを熟成して、浦和戦に備えよう。
[PR]
by worsyu | 2006-03-26 13:11 | サッカー | Comments(0)
<< LOVEがあるからできるサッカー 冗談じゃねえよ >>