「ほっ」と。キャンペーン

開花寸前の松橋とまだ蕾の梅崎

梅崎、福元、森重が抜ける。U-19日本代表に選ばれたとか。大丈夫なのか。DFは柴小屋も靭帯を痛めてほぼ5月一杯は絶望。大海は骨折中。三木もどこか痛そう。深谷も何か重そうだし。残っているのは、梶原しかいない。まあ、三木、深谷、大海でやるんだろうけど、負荷が掛かるね。特に福元を取られるのは痛いね。
梅崎は、この前の甲府戦はいい動きだったね。決勝ゴールをアシストした場面は見事。綺麗なゴールだった。
梅崎は、引きつけてからアウトに松橋に出した。その後、逆に松橋からチャンスを貰った。サイドから出た球をヒールで逆サイドのゴールに入れようとしたアイディアは良かった。決まればそれもまたビューティフルゴールだったろう。また、振り返りシュートもあった。アグレッシブに動いていた。U-19日本代表として、たぶん活躍するだろうことを予感させた。しかし、点は入らなかった。確実性に欠ける。その点、松橋は成長した。
2ゴールした場面を思い起こすと、彼の成長を感じる。去年までの松橋だったら、ドカーンと打っていただろう。しかし、今年の松橋はスピードのタイミングと加減が絶妙。オフサイドに掛からない位置からシフトアップできる。だから振り切ることができる。そして、シュートは確実にインサイドで流し込む。
このまま行くと本当に怖いFWになる。ラインに張り付いて裏を狙うのではなく、ちょっと離れたところから動き出し、マークを受けずに裏に出る。逆にマークに付かれたらサイドに広がりスペースを作ることができる。大宮、鹿島、千葉と彼の勢いが本物ならば、結果を残すだろう。
このスピードはやはり魅力だ。その活かし方を覚えた。怖いのは怪我だ。それさえなければ、順調に成長していけば、日本を代表するFWに成り得る素材だ。慌てなくなった松橋は怖いよ。

追加:福元、梅崎は代表参加を辞退した。安心した。もっと、先の試合で参加すればいいさ。どうせ相手は中国だから、下手に削られて怪我させられたら大変だったよ。良かった良かった。
[PR]
by worsyu | 2006-04-20 18:11 | サッカー | Comments(0)
<< ドン・シボリオーネ 熱が伝わらない >>