もう、走るの嫌だよお

と言ってみる。
勝ったよ。最後まで攻めていたよ。追加点を狙って動いていたよ。
先取点はサッカーにとってはとても大切。それが前半早々に転がり込んできた。梅崎司のCKは綺麗な弧を描いて深谷のところに来た。なぜかほとんどノーマーク気味、下がりながらのヘッド。GKは何だか知らないがドタバタと深谷の方に寄っていた。空いたゴールに転がり込むように入った。
その後もトリニータは前線からプレスを掛け、守備に関してはマンツーマン気味にして、相手にスペースを与えなかった。後半、イエローを貰った山崎に替わって高松が入る。逆サイドで攻められた時、右サイドの高橋が3バックに吸収されるような位置でプレイしていた。時折4バックに。でも、攻撃の時は積極的にサイドを駆け上がっていた。スピードと強さを持っている。そしてタフだね。それから、後半、右に入ることが多くなった梅崎はキレキレのドリブルで2回ほど相手DFを抜いていった。リズムがいいね。内村のあの決定的な場面は、決めてほしかったけど、内村は切り替えして蹴るとき、体をのけぞる癖がまだ直らない。それが直ればあのシュートは決まっていただろう。ファンタスティックな場面だった。あれが決まったら鹿島は沈んだ。
全体的にアグレッシブだった。梅崎、高橋、福元、山崎、みんな、元気に動いていた。気持ちが現れていた。
鹿は、何で負けたんだろうと思うのかなあ。まあ、あれじゃあ勝てないわ。やる気あるのかなあ、といった感じだったもの。まあ、みんなのブーイングで小笠原も何だかやりにくそうだったし。ウッシッシ。今日のサポはよくがんばった!
唯一怖かった鹿マーチは今回は小太鼓が下手で、あれで鹿の選手もリズムを崩してしまったかな?応援も勝てたね。今回、「九州の誇り」を聞いていて歌いたくなった。太鼓を叩くのを辞めた時、歌声だけがドームに響く。とても美しい瞬間だった。ようやく、この歌が自分の中で魂の位置に収まったと言える。福岡で歌いたい!
[PR]
by worsyu | 2006-04-27 12:53 | サッカー | Comments(0)
<< 自滅 「鹿ばね」にしてまえ! >>