「ほっ」と。キャンペーン

どういたしまして

鹿島戦勝利の後、大分サポと係員?との間でいさかいが起きたとか?
何が起きたのでしょうか。知っている人は正直に教えて欲しい。

鹿島のブログからは、「試合が終わったら早く帰ろうね」と書かれていた。
まあ、贔屓の贔屓倒しというか、鹿島の選手もかわいそうに思うね。こんな変なサポに応援されて。

一方、梅崎の「日本一のサポに負けないよう、日本一を目指します」というCMにはちょっと面映い想いがあるが、なんともうれしいね。われわれは、決して、相手サポを必要以上に煽ったり、人間的に劣った行為をしないよ。選手を育てるのはサポの精神だ。「誇りと夢が抱ける」チームであり続けるためにも、われわれの意識は常に高いところにあるべきだということを今度の鹿島騒動の件で痛感した。関東の田舎者ら(精神的に)は本当にどうしようもないよ。

鹿島の監督も言っていたが、選手たちは何か勘違いをしているのだろう。それを助長しているのが偏見サポなのだ。ジーコのお墨付きもすでに期限切れ。まあ、これ以上言うこともあるまい。せいぜい、J2に落ちないようにがんばってくれ。

大分は今回の京都に対し、決して勝てるという確証は無い。前回の戦いを見てもそれは明らか。基本に忠実に。約束事をしっかり守って。結果も大切だが、次のステップに上がって欲しい。何か掴みかけたものはしっかりと物にして欲しい。まだ、自信から確信にまでは行かない。謙虚にサッカーに取り組んで欲しい。

監督の「どういたしまして」という言葉に感動した人は多い。この言葉が大分の精神。忘るべからず
[PR]
by worsyu | 2006-05-06 11:41 | サッカー | Comments(8)
Commented at 2006-05-07 13:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 13:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 14:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 14:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 14:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-07 14:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 鹿島騒動 九州の誇りを示せたぜ! >>