地蔵さん

文化の違いがあるんだと思う。東京あたりだと「都会のモラル」-ルールが暗黙のうちにあって、それを守らないとみんなの迷惑になってしまう。自由なんだが、みんなそれを守る。整然とした秩序ができている。長年の智恵なのだろう。

解決策のひとつとしては、やはり、コ-ル集団、及び援軍、その取り巻きの席を確保するべく、4、5人でエリアを確保する人員を配置するべき。もし、そこに座ろうとする一般人(見分けるのは難しいが、エリアを分けていつも見ていれば顔を覚えるはず。)を見かけたら排除するべきだろう。もちろん、低姿勢で理由を話し、納得して動いてもらうこと。失礼のないように。この努力をしていない。コアサポのエリアだけ確保していさえすればいいのであれば、当然、一般人が紛れ込む。彼らは何も悪いことをしているという意識はない。できるだけ近くで祭りを体験したいという欲求のまま行動している。
もう一度整理しよう。
ゴール裏のパフォーマンスは、すでにチームと一体化され、貴重な戦力となっている。そのパフォーマンスを維持、拡大していくためには、統率されたコール集団をつくらなけらばならない。これを阻害するものは、排除される。そして、それを作り上げるためには、努力が必要。席の誘導、応援のやり方を教え、盛り上げるため、ディズニーランドとかにいる説明員が各所に配置されることが必要かと思う。この面倒くさいことをやってはじめて理想のゴール裏が出来上がる、と思うのだが。如何?少しずつでいいから、やっていった方が良いと思う。
[PR]
by worsyu | 2006-05-09 12:07 | サッカー | Comments(0)
<< アピールの場 鹿島騒動 >>