「ほっ」と。キャンペーン

なぜ茂庭?

戦犯は(こういう言い方は酷かも知れんが)、坪井であろう。これは、怪我という不可抗力によるものだから、本人に責任があるわけではないかも知れないが、この出来事でプランが変わってしまった。それに対応できなかったジーコは問題あり、と言えるだろうかなあ(?)
私だったら、4バックにする。アレックス、中沢、宮本、駒野。坪井の替わりに稲本をボランチに。中田を右サイド、左上は中村でいいではないか。
時間の経過次第でFWを大黒、巻を投入し、打開を計る。ただし、坪井がアウトでなかったら、疲れの見える中村に替え遠藤や小笠原を入れられた。小野は2-0になった場合にのみ使えると思っていたのだが。
日本の最大の弱点はDF力だ。まず、田中が肉離れで戦線離脱。そして、坪井の筋肉の疲れで今後に不安が残った。それでは、後使えるのは、中田浩二くらいか?茂庭はハワイ帰りで体がバカンス気分を抜けきれていない。

4バックに戦術を転換させるかも知れない。3バックで戦うには今のメンバーでは無理がある。しかし、4バックでやるには、宮本では不安だ。田中の替わりが茂庭か。他にいなかったのだろうか。

まあ、半分、どうでもいいけど。ここにトリニータの選手が入ってくると、ドキドキものになるのだろうけど。

どうでもいいけど、このありさまを見ると、何だか、シャムスカ監督の日本代表監督話もまんざら嘘八百話とも言えなくなってきた。まず、サッカー協会のプライドから、それはないと思うけど。でもまあ、無策すぎるよね。リスクマネジメントができていないもんね。

でも、ジーコは偉大だし、何度も言うが日本サッカー界、日本人に対して多くの恩を与えてくれた大恩人であることにいささかの曇りもない。彼は日本人の言う意味の「恩」を感じ、それを返そうとして、今回の監督業を受けたのだ。私たちが彼に対して恩を感じるのだったら、それを返さなければならない。われわれ大分サポは、そのことを知っている。恩ということの意味を知っている。決して韓国や、関東のサポみたいな破廉恥な行動はしない。そのことだけは、ここに記しておく。
[PR]
by worsyu | 2006-06-13 18:24 | サッカー | Comments(0)
<< 笑えるジョーク そこに侍はいなかった >>