笑えるジョーク

レストランで出てきたスープにハエが入っていたら? 
・イギリス人は皮肉を言って店を出る。
・中国人は問題なくハエを食べる。
・ロシア人は酔っぱらっていて気づかない。
・アメリカ人は裁判沙汰(ざた)に。
・日本人は周りを見回し自分の皿だけなのを確認し、そっとボーイを呼ぶ。
・韓国人は日本人のせいだと叫び、日の丸を燃やす

早坂隆 著「世界の中の日本人ジョーク」

よくできたジョークだと思う。もう、すでにご存知の人も多いと思うが。
イギリスは紳士の国。皮肉好きといった国民性もある。
中国人はそのままズバリ。低俗な国ということ。
ロシア人は、ただのアル中。大雑把。
アメリカはまさに告発社会ということ。
日本人は和の国。奥ゆかしくて繊細。
韓国人は、これはもう、問題外、ということだ。反日に血道を上げている偏執狂ということだ。

朝鮮日報の記事を見ながら、ここの人はもうだめだ、と思わせた。ネットの掲示板の暴言を日本人の意見として載せるなど、責任あるメディアのやることではない。

最近、嫌韓国の本が売れているが、それもどうか、と思う。相手にすることで、韓国は日本を煽り続け、愚弄し、攻撃をしてくる。
何でも悪いことは日本人のせいにする人たちとどう付き合えばよいか。答えは、「愛せなければその場を去れ」ということだ。
付き合おうとするから摩擦が起きるのだ。
中国は低俗なので、もっと文化的に高度にならしめればもしかしたら、という期待もあるが・・・・

このジョークはよく覚えていていい話だ。笑える。韓国人ももしかしたら笑うかも知れない。笑うということは認めるということだからだ。
[PR]
by worsyu | 2006-06-15 12:49 | サッカー | Comments(0)
<< パワーサッカー なぜ茂庭? >>