「ほっ」と。キャンペーン

いよいよリーグ再開

W杯による中断が解け、やっとリーグが再開される。練習試合2試合を見る限りでは、悪くない。まあ、文理は寄せが甘くて、あんなんじゃリーグでは通用しない、といった場面も多く見られたが。
まず、高橋、梅崎がいい。乗っている。チャンスメイクできるスピードを持っている。高橋は体の強さもあり、攻撃から守備まで任せられる。内村、松橋は、見るたびに良くなっている。まだまだレベル的には、レギュラー争いの段階だが。山崎も体の切れはいいね。高松は下がった位置でポストプレイに徹している。高い位置での溜めができている。これに新FWのラファエルが入った。やわらかい身のこなしをする。体の割りに器用だ。得点感覚がある。決めるコツを知っている。オズマよりも期待していいのでは?戦術によって対応できる頭のやらかさを感じる。
攻撃の幅が広がったことで得点力は上がったと思う。しかし、最後に決めるのは個人の力だ。そういう意味では、ラファエルの加入による精神的安定さがチームにもたらされることを期待したい。あわてないでゴールすることが大切。チームのモチベーションの維持のためにも重要だ。
中盤、守備陣は、攻撃陣に比べると新鮮味がない。エジ、トゥーリオは残留が決まり、安定した中盤を形成してくれるだろう。しかし、ここに後一人欲しい。守備は、柴小屋がもっと出てきて欲しい。4バックにシステム変更した際には絶対欲しいDFだ。
優勝を狙うのはまだまだ先の話だが、攻撃的ボランチとリベロ的DFの育成が絶対必要だ。リーグを代表する選手が育っていけば優勝も狙える。候補としては一人いる。福元だ。あと一人は、まだいない。そういう意味ではまだ中位をキープするまでの力しかないといって良いだろうか。

それでも、浦和には負けたくない。トリサポの力で何とか勝とう!!
[PR]
by worsyu | 2006-07-15 15:18 | サッカー | Comments(0)
<< 敗戦後の審判 品性の低いスポーツ >>